カスペルスキーはWindows界で最強のセキュリティソフトなのか

最近は、インターネットの世界もますます物騒な時代になっていて、特にWinodowsでインターネットに接続する場合、Microsoftが無料で提供するマルウェア対策ソフトWindows Defender (Windows7の場合はMicrosoft Security Essential)だけでは、危ないというのはもはや常識となりつつある。

となると、次にセキュリティソフトに何を選べばよいかということが問題になる。ところが、これがなかなか難しい。無償のものから有償のものまで、多種多様な製品があり、それぞれの製品のホームページを訪ねても、どこもうちが一番だと謳っていて、その根拠もまちまちだ。

そこで、今回は、第三者機関による評価はどうなんだとうということで、セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手のひとつAV-TEST.orgの評価に、自分の経験と周囲の人々の評判などを加味して、年間ランキングを作ってみた。

2016年度セキュリティソフト年間ランキング(AV-TEST/Windows部門)

  1. カスペルスキー セキュリティ 2017
  2. ウイルスバスタークラウド
  3. スーパーセキュリティZERO (Bitdefender)
  4. Avira Antivirus Pro 2016
  5. ノートン セキュリティ
  6. Quick Heal Total Security 17.0
  7. Avast Free AntiVirus 2016
  8. ESET Smart Security

上記の製品は、2016年度のTEST.orgの評価結果を基づき、上半期(4月発表)と下半期(10月発表)でTop Product(ベスト5)に選ばれたものを中心にセレクトされている。1位から4位の製品は上半期と下半期の両方で受賞したもの、5~6位はどちらかの期で受賞したものとなっている。


それぞれの順位は、AV-TESTの結果に、日本語サポートやコストパフォーマンス、実際に使用してみた感想、周囲の評判などを加味しているので、あくまでも参考程度と考えてほしい。特に、コストパフォーマンスについては、個人が使用するデバイスの状況(例えばPC一台だけなのかスマホもあるのかなど)や契約年数、キャンペーンなどによっても違ってくるので、それぞれのホームページで確認してもらいたい。

カスペルスキーが順当に首位、ノートンとESETは意外な結果に

ネット上でも評価の高いカスペルスキーが首位というのは、ある意味順当だろう。内容的にもProtection(防護力)、Performance(軽さ)、Usability(使いやすさ)の3部門でまんべんなく高評価を獲得している。

先日も、ある日突然インターネットに繋がらなくなったというWindows10搭載のノートPCが持ち込まれてきたので、内臓HDD取り出し、カスペルスキーがインストールされているデスクトップPCに繋いでスキャンしてみたところ、不審な動きをするAdwareを発見。これを隔離したら、見事に問題が解決した。



さらに、カスペルスキーは、ファイアウォール機能でも高い評価 (matousec.com)を受けている。

ただ、高機能、多機能であるがため、ネット上で、多少重めという声を聞くこともある(個人的にはそうは思わないが)ので、低スペックのPCを使用している場合は、購入前に体験版(30日間無料で試せる)などで、体感速度を評価してみるとよいかもしれない。

2位のウイルスバスターも日本ではお馴染みの製品で、日本語サポートや性能面でも安心して使うことができる。最新版にはファイアウォール機能は搭載されないが、WindowsファイアウォールにIDS(侵入検知システム)機能などを付加するファイアウォールチューナーがデフォルトで使えるように設定されている。値段が高いという印象もあるが、最近は長期契約割引やお得なキャンペーンも実施されていて、コストパフォーマンスも改善されつつある。

3位のスーパーセキュリティZEROは、BitdefenderのOEM商品で、実質的なBitdefender日本語版である。内容的には2位でもおかしくないのだが、端末固定・期限なしという特殊なライセンス形態(もちろん人によってこちらの形態がよい場合もある)であるため3位とした。なお、Bitdefenderを熱烈推奨するアメリカ人の知人は、デフォルト設定でも十分に安全だから英語版でも問題ないと言い切っている。なので、通常のライセンス形態を望む人は、Bitdefender本家の英語版を購入するという選択肢もありかもしれない。

4位のAvira Antivirus Proは、本来ならカスペルスキーと首位争いをして当然の製品。ただ、今年5月末で、日本語版の配布が中止されるという発表があり、後にこれが撤回され、配布が継続されたという出来事があった。まあ、無料版であるAvira Free Antivirusはともかくとしても、有料版に関しては、日本語サポートに対する不安は、大きな減点ポイントではないかということで、今年はこの順位とした。

5位のノートンといえば、売上シェア世界No.1を謳うセキュリティソフトだが、下半期でTop Productの選考に漏れたためにこういう結果になった。Protection(防護力)、Performance(軽さ)については、下半期でもトップクラスの成績だったが、誤検出が多かったため、Usability(使いやすさ)で減点されたことが痛かったようだ。来年度以降の巻き返しに期待したい。

6位のQuick Healは、ノートンに代わって下半期のTop Productにランクインしたインド製のセキュリティソフト。正直、まだ使ったことがないので、はっきりしたことは何も言えないが、1ユーザー1ライセンスのコストパフォーマンスは最高クラス(無償ソフトは除く)で、内容的にもなかなか魅力的な製品に仕上がっているような気がする。Performance(軽さ)の成績がノートンより若干悪かったので、この順位とした。

7位のAvast Free AntiVirus 2016は、無償ソフト(有料版にはファイアウォール機能などもある)でありながら、Protection(防護力)は最高クラス、しかも日本語対応(サポートは有料版のみ)というのだから、個人利用であればこれで申し分ないという意見もある。ただし、AV-TESTの2016度下半期のPerformance(軽さ)では下から3番目ということからも分かる通り、その重さが弱点とされている。他にも、誤検出が多いということや有料版へのアップグレードを促すポップアップ広告が頻繁に出ることなどがよく指摘されるが、無償ソフトにこれらの弱点、欠点を直ちに克服しろと要求するのは、あまりに厚かましい話だろう。

8位のESET Smart Securityについては、ネット上で、最高の防護力と軽さと評価されていることが目立つだけに、AV-TESTの2016度下半期、Performance(軽さ)で、下から5番目という結果には意外な感じがした。今後のパフォーマンス改善に期待したい。