Manjaro LinuxにVirtualBoxをインストールする方法

OracleのVirtualBox公式サイトでLinux用のパッケージダウンロードページに行くと、Debian/Ubuntu系やFedora/RedHat系、OpenSUSEなど、メジャーなLinuxディストロ向けのパッケージが用意されている。

通常は、ここからパッケージをダウンロードしてインストールするのが一番簡単な方法だが、Arch LinuxベースのManjaro Linuxの場合は、もっと手軽にインストールができてしまう。

VirtualBoxのインストール

インスールを開始する前に、マザーボードのBIOSで仮想マシンサポートをONになっていることを確認しておく。

基本的には、ターミナルから次のコマンドを実行するだけでよい。

$ sudo pacman -S virtualbox 

インストールの途中で、どのバージョンのカーネルモジュールをインストールするかを聞かれるので、適切なものを選択する。

カーネルのバージョンをよく覚えていない人は、前もって、次のコマンドなどを使って調べておくとよい。

$ uname -a 

KDEの場合、カーネルのバージョンはKDEメニューのアプリケーション→設定→システム設定→カーネルからもバージョンを確認できる。

最後に、再起動すればインストールは完了。

誤ったバージョンのカーネルモジュールを選択した場合

インストール時に、誤ったバージョンのカーネルモジュールを選択してしまった場合は、起動時に次のようなエラーが表示される。

[FAILED] Failed to start Load Kernel Modules.

この場合は、次のコマンドでエラー内容を確認する。

$ sudo /usr/lib/systemd/systemd-modules-load  

例えば、実行結果が次のような場合は、明らかにVirtualBox関連のモジュールに誤りがあることが分かる。

この場合は、いったんVirtualBoxを削除して、ゼロからインストールをやり直すか、GUIツールのOptopiを使って正しいバージョンのカーネルモジュールに入れ替える。

なお、ゼロからインストールする場合、pacmanコマンドでVirtualBoxを削除するだけでは、モジュールは削除されないので、次のコマンドを続けて実行することが必要。

$ sudo pacman -Rs virtualbox
$ sudo pacman -Rs $(pacman -Qdtq)  

2行目は、Debian/Ubuntuでいうところのapt autoremoveのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク