WordPress3.3もサクサク動くスターサーバープラス

スタードメインでドメイン管理を申し込むと1ドメイン毎におまけのサーバーがサーバーが付いてくる。これが、以前の記事でも取り上げたスターサーバープラスだ。

StarServerPlusTop

前回WordPress3.2.1をインストールした時点では、まだベータ版だったが、11月4日をもって正式版となっている。この間、WordPress3.2.1は問題もなく動作し続けていて、レスポンスもまずまず。これがおまけのサーバーとはとても思えない。

ちなみ、このお試しサイトにインストールして動作を確認したプラグインは次のとおり。

  • Contact Form 7
  • Ktai Style
  • Lightbox 2
  • WordPress Importer
  • WPtouch

なお、スターサーバープラスには、一部のPHP関数への利用制限やフォルダ、ファイルグループへの書き込み権限の制限(707や777とできない)などがあるので、すべてのプラグインが使えるという保証はないので注意が必要。


実をいうと、10月の時点では、WordPressだけでなく、CodeIgniterベースのSeezooCMSのインストールにも成功していたが、正式サービスのスタート直前に、PHP関数に対する新たな利用制限などが加えられ、そこで動かなくなった。

まあ、年間ドメイン管理料だけで、WordPressがサクサク動くサーバーが利用できるのだから、これ以上の贅沢はいえないかもしれないが、今後の規制緩和に期待したい。

WordPress3.3RC1もサクサク動く

正式リリースが間近に迫ったWordPress3.3のRC1もスターサーバープラスで動作確認を行ってみた。

インストール手順はいつもの通りで、WordPressのサイトから日本語版(もちろん英語版でもよい)をダウンロードして、適当な場所で解凍。これをFTPクライアント(前もってFTPの設定は行っておく)などで、サーバーにアップロードして、ブラウザでアクセスすると、インストールが始まる。

次へボタンを押して画面を移動しながら、wp-config.phpの作成、データベースの設定と進み、最後にユーザー名や電子メールなどを登録すれば完了。

前バージョンまでは、wp-config.phpを手動で行わなければならなかったが、3.3RC1ではこれを自動で作成してくれるので、これだけでも、入門者には随分敷居が低くなっていると思う。また、最初のログイン時に出てくるメッセージ(2回目から非表示にできる)もユーザーフレンドリで好感度が高い。また、ヘルプ機能が大幅に向上していて、こちらも入門者にやさしい設計となっている。

WordPress3_3RC1Top

全体的に、今回のアップグレードは、操作性の向上に重きが置かれているようで、今後ますますWordPressユーザーが増えていく予感がする。

冒頭で紹介したスターサーバープラスでは、最低でもWordPressが動くことを目標にチューニングれているようで、特殊名プラグインを使わない限りバージョン3.3も問題なく動作しそうだ。

【追 記】
2013年9月30日で、無料サーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付は終了しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク