Ubuntu 9.10でLinux生活が再スタート

自宅の古いノートパソコンにLinuxをインストールしました。

GeeklogのBeta1やDrupalのインストールで問題が起きているのは、ファイル転送時ではないのかという気がして仕方がないので、今後しばらくLinuxを通じてサーバーとやりとりしてみます。

ディストリビューションはUbuntu 9.10を選択しました。どちらかというとGNOMEよりもKDEの方が好みだったのですが、Kubuntuの最新バージョンを見つけることができませんでした。どうもプロジェクトそのものが終っている様子です。

Vine LinuxやCent Linuxという選択肢もありましたが、Kubuntuを使っていたときの設定メモも残っているので、今回はUbuntuにしました。以前は、無線LANの設定で頭を悩まさなければなりませんでしたが、実にあっさりと自動認識。先ずは定番ということで、Emacsをインストールしました。



パーティションを作らなくてもWindowsのファイルシステムにインストールできるというのは楽です。Windowsへのインストールの場合、若干スピードが落ちるという注意書きがありましたが、本当に同じマシンだろうかと思うくらいに高速で動作しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク