年代物のMacBookでトリプルブートPCを作ってみた

昨年の9月、知人から譲り受けたMacBook(Mid 2007)ブラックモデルにメモリを増設し、HDDを交換などして、Mac OS X、Windows7、Linux MintのトリプルブートPCを作ってみた。

macbook00

以下、その手順。

Linux Mint用をパーテション領域を用意

  1. HDDを交換後、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール。
  2. Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押しながらMacBookを立ち上げる。
  3. 矢印キーでEFI Bootという項目を選択してエンターキーを押す
  4. Live CD/DVDで立ち上がったら、Gpartedを使い、Mac OS Xの後ろにLinux用の空き領域(100GBほど)を作る。

Boot Campを使ってWindows7をインストール

Linux用の空き領域が確保できたら、MacBookを再起動。Mac OS X上でBoot Campを使い、Windwos7をインストールする。

なお、このMacBookはMac OS X Snow Leopardまでしか対応していないので、Boot CampでインストールできるのはWindwos7まで。

Boot Campの使い方は、アップルの公式サイトにもあるが、個人的にはこの記事が分かりやすい(かつ共感するところもある)と思う。

Linux Mintのインストール

続いて、Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押したまま、MacBookを再起動する。選択画面でEFI Bootを選択。Live CD/DVDでMacBookを立ち上がったら、デスクトップ上のインストールアイコンをクリックして、Linux Mintをインストールする。

Linux Mintの具体的なインストール方法は、過去記事「Linux Mint Debian Edition 201403のインストールと日本語化」や「Linux Mint 16 Xfceのインストールと日本語化」などを参考にしていただきたい。
Continue Reading…

Mac miniでWindows8アップグレードを実行してみた

Boot Campを使ってMac miniにインストールしたWindows7をWindows8にアップグレードしてみた。
なお、Mac miniにWindows8をインストールするには、Mac OS X 10.8 Mountain Lion以上が必要となる。作業の入る前にバージョンを確かめ、必要ならアップグレードしておく。

MacOSXMountainLionVersion

アップグレードの準備

アップグレードを開始するまえに、以下の準備をしておく。

  1. 手元に、Windows8のディスクとライセンスキーがあることを確認する
  2. 万が一に備えてデータのバックアップを取っておく
  3. Windows8に対応した最新版のBoot Camp Support Softwareをダウンロードして、解凍したファイルをUSBなどに保存しておく

アップグレード開始

Windows8のディスクを挿入(DVDドライブが内臓されていなければ外付けから)すると、次のようなダイアログが表示される。

Windows8Upgrade001

「setup.exeの実行」をクリックするとインストールが始まる。
「今すぐインストール」をクリックすると更新プログラムをインストールするかどうか問われるので、特別な事情がない限りこれらをインストールする。
Continue Reading…

Mac miniと外付けHDDで作るUbuntuトリプルブート環境

アップルが、Macにインテル製のCPUを採用するようになって以来、Mac上でWindowsが走るということはもはや常識。

この画期的な仕組みを実現してくれるのがBoot Campと呼ばれるソフトウェアで、Intel Macで採用されているファームウェアEFI(通常のPCではBIOS)からWindowsをブートさせてくれるという優れもの。Mac OSX10.5 Leopard以降からは、OS標準のソフトウェアでもある。

外付けHDDに3つ目のOSを追加する

今回は、Boot Campでデュアルブート化されたMacに、第三のOSとしてUbuntu 12.04 LTSを追加してみようということで、デスクトップタイプのMac miniのエントリタイプ(2GBメモリ、HDD500GB、Mac OS X Lion)と500GBの外付けHDDを用意した。

こちらのサイトなどを参考にもらって、Boot Campを利用して内蔵HDDにはすでにMac OS XとWindows7がインストールされているという前提で話を進めている。

また、外付けHDDのパーティションは、先頭から250GB~350GBを共通データ置き場とし、Fat形式又はexFat形式でフォーマットされ、残りをUbuntuのルートディレクトトとスワップ領域といった具合にフォーマットされているものとする。

exFat形式については、後述するので、自分の環境に合うようであれば、こちらを推奨。

Continue Reading…

iPhoneがAndroidの成功を後押している理由

10月4日にauからシャープ製のAndroid搭載スマートフォンIS03が発表された。
ITmediaの記事によれば、IS03は、スマートフォンとして初めておサイフケータイ機能を搭載したほか、ワンセグ視聴機能を内臓し、ディスプレイ下部に、メインディスプレイがオフの状態でも時間やバッテリー残量を表示できる「メモリ液晶」を装備しているようだ。さらに、日本市場では必須ともいえるストラップ穴も装備しているとの情報もある。

auが打ち出した「1台持ちのスマートフォン」というコンセプトは、ある意味、日本人が長らく待ちわびていたものかもしれない。まだ、現物を触ってみないと何ともいえないが、デザイン性という点からいっても、iPhoneキラーになる可能性を秘めた製品になっているような予感がする。

勢いづいてきたAndroid陣営

auだけでなく、ソフトバンクも27日、HTC Desireの後継機HTC Desire HDを11月に投入すると発表した。HTC Desireを4月に投入して約半年で新製品ということになる。

さらに、ドコモからも今秋、サムスン製のAndroid搭載スマートフォンGalaxy Sが発表される予定になっている。HTC製のHT-03A、ソニーエリクソンのXperiaに続く、3機種目のAndroidということになる。

このように、ここに来て、キャリアも携帯メーカーも積極的にAndroidを搭載スマートフォンを日本市場に投入し始めた。

そもそもAndroidとは、スマートフォン向けのOSというべきもので、パソコンにおけるWindowsに該当する。ただ、Windowsとは違い、AndroidのカーネルやライブラリはLinuxがベースとなっており、無償で提供されるだけでなく、改変も自由なのだ。

今から考えてみると、Googleが打ち上げたAndroid構想は、誰から見ても非の打ち所の無い素晴らしい挑戦だったが、発表当初は、「スマートフォン向けのOSなんて本当に上手くいくのか」という声の方が多かったように思う。 Continue Reading…

Ubuntu 10.04からiPhoneにアクセスできなくなった件

このブログで以前書いた記事で、Ubuntu 10.04からiPhoneにアクセス可能と指摘していたのだが、昨日、USBケーブルでiPhoneを接続したら、以前のようにデスクトップにアイコンが現れなくなった。

これはてっきり、この機能そのものが削除されたに違いないと思って、ブログに投稿したのだが、今日になって、別のPCではUbuntu 10.04からiPhoneが認識できることが判明。

自宅に帰って、いろいろと原因を調べていたら、Ubuntu側からだけでなく、Windows上でもiPhoneが認識できないことが分かった。iTunesを再インストールしても治らなかったので、システム内のドライバを調べてみると、Apple Mobile Device Ethernetなるドライバーに!マークが付いていた。試しにこれを削除してみると、すんなりとiTunesがiPhoneを認識して同期作業を始めた。続いて、PCを再起動してUbuntuに切り替えてみると、デスクトップ上にiPhoneのアイコンが現れて、結果オーライ。

なお、前回の記事では書かなかったが、Ubuntu側でiPhoneを認識すると、F-SpotとRhythmboxミュージック・プレーヤーが自動的に立ち上がる。


上記のふたつのアプリを使うと、iPhoneとUbuntuの間で、音楽や写真の簡単なやり取りができる。iTunes並とはいかないが、Linuxファンにはうれしい機能に違いない。でも、そこまでしてLinuxからiPhoneにアクセスして何になるのと言われるそれまでだ。


iOS4へのアップグレードとUbuntu10.04

遅ればせながらiOS4にアップグレード。Ubuntuとデュアルブートで使っているノートパソコンのWindowsで、iPhoneが認識されないという問題に悩まされて、iOS4にアップグレードできない状況が続いていたが、本日、デスクトップ機にiTunesを再インストールして、何とかアップグレードに成功した。

ダウンロードに約15分、アップデート作業に約15分の計30分。初期画面はこんな感じになった。ある程度、動作が遅くなることは覚悟していたが、思ったよりもサクサクと動いている。問題はバッテリーの消費量だが、それはこれから検証したいと思っている。



すでに、iOS4にアップグレードしたという記事はあちこちにあるので、今更この投稿でiOS4の新機能をレポートしても、あまり価値はないが、iOS4へのバージョンアップがきっかけとなって、実に画期的な発見をした。 Continue Reading…

ガラパゴス携帯を制する者は日本のSNSを制する?

昨日の移動中の電車の中。老若男女が電車のなかで、携帯画面とにらめっこする姿を眺めながら感じたのは、「ガラパゴス携帯を制する者は日本のSNSを制する」ということ。世界の市場から見ると異常に高機能化して、ガラパゴス携帯と揶揄されている日本の携帯電話ですが、これだけ生活に密着して、何でもできるメディアは他にありません。

私も同じとき、iPhoneに入れっぱなしだったTwitBirdを利用してTwitterに投稿していました。iPhoneでの日本語入力はガラパゴス携帯と同じくらい苦手ですが、TwitBirdそのものはシンプルでとても便利です。

App Storeを通じてインストールしたら、Twitterのアカウントを登録。通常版は無料です。高機能版のTwitBird Proは、現在350円。でもみそ汁は付きません(?)


アカウントの登録が終われば、即スタート。テーマやフォントの大きさも変えられます。