カスペルスキーはWindows界で最強のセキュリティソフトなのか

最近は、インターネットの世界もますます物騒な時代になっていて、特にWinodowsでインターネットに接続する場合、Microsoftが無料で提供するマルウェア対策ソフトWindows Defender (Windows7の場合はMicrosoft Security Essential)だけでは、危ないというのはもはや常識となりつつある。

となると、次にセキュリティソフトに何を選べばよいかということが問題になる。ところが、これがなかなか難しい。無償のものから有償のものまで、多種多様な製品があり、それぞれの製品のホームページを訪ねても、どこもうちが一番だと謳っていて、その根拠もまちまちだ。

そこで、今回は、第三者機関による評価はどうなんだとうということで、セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手のひとつAV-TEST.orgの評価に、自分の経験と周囲の人々の評判などを加味して、年間ランキングを作ってみた。

2016年度セキュリティソフト年間ランキング(AV-TEST/Windows部門)

  1. カスペルスキー セキュリティ 2017
  2. ウイルスバスタークラウド
  3. スーパーセキュリティZERO (Bitdefender)
  4. Avira Antivirus Pro 2016
  5. ノートン セキュリティ
  6. Quick Heal Total Security 17.0
  7. Avast Free AntiVirus 2016
  8. ESET Smart Security

上記の製品は、2016年度のTEST.orgの評価結果を基づき、上半期(4月発表)と下半期(10月発表)でTop Product(ベスト5)に選ばれたものを中心にセレクトされている。1位から4位の製品は上半期と下半期の両方で受賞したもの、5~6位はどちらかの期で受賞したものとなっている。


それぞれの順位は、AV-TESTの結果に、日本語サポートやコストパフォーマンス、実際に使用してみた感想、周囲の評判などを加味しているので、あくまでも参考程度と考えてほしい。特に、コストパフォーマンスについては、個人が使用するデバイスの状況(例えばPC一台だけなのかスマホもあるのかなど)や契約年数、キャンペーンなどによっても違ってくるので、それぞれのホームページで確認してもらいたい。

カスペルスキーが順当に首位、ノートンとESETは意外な結果に

ネット上でも評価の高いカスペルスキーが首位というのは、ある意味順当だろう。内容的にもProtection(防護力)、Performance(軽さ)、Usability(使いやすさ)の3部門でまんべんなく高評価を獲得している。

先日も、ある日突然インターネットに繋がらなくなったというWindows10搭載のノートPCが持ち込まれてきたので、内臓HDD取り出し、カスペルスキーがインストールされているデスクトップPCに繋いでスキャンしてみたところ、不審な動きをするAdwareを発見。これを隔離したら、見事に問題が解決した。


Continue Reading…

Debian 7.5でFirefoxとIceweaselを共存させる方法

今さら説明する必要もないと思うが、DebianにデフォルトでインストールされているIceweaselは、Firefoxからフォークしたブラウザだ。Weaselは英語でイタチのことだから、Iceweaselを直訳すると「氷のイタチ」ということになり、ロゴと名称からいうと、「炎のキツネ」のFirefoxとは真逆のコンセプトとなっている。

FirefoxOnDebian01
FirefoxOnDebian03

Debianが、Firefoxを使わない最大の理由は、Mozillaの商標権とDebianガイドラインが相容れないこと(IceowlとThunderbirdも同じ理由)にあるようだ。あと、古いバージョンにセキュリティパッチを当てるという、Debianのパッケージ管理のポリシーとMozillaのポリシーがぶつかったともいわれている。

現在のところ、機能的には、両者にまったく同じものといってもよいので、Debianユーザーは黙ってIceweaselを使うということで問題はないだろう。

ただ、例えば、引退したWindowsXPマシンをDebianで現役復帰させてオフィスで使う際、「Iceweaselって何よ?」という声が上がるかも(ここではGoogle Chrome入れたらいいだろうという意見は無視)しれない。また、最新版のFirefoxのUIが好きだという人もいるかも(逆の人もいるだろうが)しれない。

ということで、少々強引だが、以下、DebianでもFirefoxを使いたいというときのための設定法をメモしてみた。
Continue Reading…

EmacsでMozcを使うための設定

最近では、Emacsをプログラミングで使うことはほとんどなくなったが、それでも、大量の文書を入力する必要に迫られたときなど、今でもときどきEmacsを使いたくなることがある。
というわけで、Ubuntu 13.04上のEmacsにMozcをセットアップする方法を手短にまとめてみた。

Emacs01

先ずは、Emacs本体をインストールする。

$ sudo apt-get install emacs

初期設定では、Diredなどで日本語が文字化けするので、~/.emacs.elに次の記述を書き込む。

(prefer-coding-system 'utf-8)

続いて、nnで「ん」が入力できるようする設定。

(setq quail-japanese-use-double-n t)

Continue Reading…

Ubuntu 13.04でGoogle Chromeを使うための方法

Ubuntu 13.04にアップグレードした後、Google Chromeをインストールしようとすると、Ubuntuソフトウエアセンターに次のようなエラーメッセージが表示される。

Google-Chrome_Inst_Error

ここで要求されているライブラリは、次の場所にあるので、自分のマシンのCPUのアーキテクチャ(32bitか64bitか)に合ったものをダウンロードする。

今日の時点での最新バージョンは151-12だから、エラーメッセージに表示されている147以上という条件に合致している。ミラーサイトのなかには古いバージョンのまま放置されているところもあるので、バージョン番号は必ず確認しておくこと。

また、libudev0でググるとlibudev0-udebという似通った名称のライブラリにヒットすることがあるのでこちらもご注意を。

ダウンロードしたdebパッケージをダブルクリックすれば、Ubuntuソフトウエアセンターが立ち上がるので、インストールボタンをクリック。libudev0のインストールが完了したら、続いてGoogle Chromeの公式サイトからダウンロードしたdebパッケージをダブルクリックしてインストールを完了させる。

なお、Google Chromeオープンソース版ブラウザChromiumは、Ubuntuソフトウエアセンターから直接ダウンロードできるので、これらの作業は必要ない。

トリプルブート環境でGIMPを2.8.2にアップしてみた

GIMPは画像の編集や加工を行うオープンソース・ソフト。元々はLinuxディストリ上で開発され、利用されてきたソフトだった、今では、Windows版やMac OS X版まである。

現時点での最新バージョンは、2.8.2。旧バージョンの2.6系では、Mac OS X版については、X11環境上でしか動作しないという制約があり、見た目や操作性も今ひとつで、レスポンスも非常に悪かったが、最新バージョン2.8.2では、X11環境を必要としなくなっており、見違えるようにキビキビと動作するようになっている。

というわけで、Mac mini上で走るMac OS X Lion、Windows7、Ubuntu 12.04の3つのOS上で、GIMPを2.8にアップデートしてみた。
Continue Reading…

Linux Mint Debian EditionでSeaMonkeyをお試ししてみた

SeaMonkeyとは、2005年3月に開発が打ち切りとなったMozillaの後を引き継いだインターネット統合アプリケーションだ。なお、Mozillaは、ブラウザやメール、HTMLエディタなどが一体となったネスケ(Netscape Communicator)からソースコードを引き継いでいる。

Mozillaの開発を打ちきったMozilla Foundationは、Mozilla FirefoxとMozilla Thunderbirdの開発に注力して成功を収める。このとき、Googleの社員が業務の一貫としてFirefoxのソースコードを書いていたという話は有名だが、後に、GoogleはFirefoxのソースコードを基にして、Chromeという独自のブラウザを開発した。

今になって考えてみると、GmailやGoogle Docsを有するGoogleにとっては、Chromeは単なるブラウザではなく、インターネット統合アプリケーションだったということになる。
Continue Reading…

マルチメディアのためのコマンドcliveとffmpeg

Linuxの端末で、Youtubeなどの動画サイトから動画をダウンロードしてmp3に変換するコマンドを試したらおもしろかったので、メモしてみた。利用するコマンドは、cliveとffmpegのふたつ。apt-getでインストールする場合は次のとおり。

$ sudo apt-get install clive
$ sudo apt-get install ffmpeg

コマンドの利用法は次のとおり。

$ clive 「動画サイトのURL」
$ ffmpeg -i 「ダウンロードしたflvなど」 -acodec copy 「曲名.mp3」

「わざわざコマンド使わなくても便利なソフトいっぱいあるじゃん」なんてことも言われそうだが、バッチ処理を考えるとおもしろいかもしれない。まあ、最終的には好みの問題だろうが。

Lightbox2とAddtoAnyで起こるInternet Exploreのエラー

ちょっと古めのPCにWindows7をクリーンインストールした直後、Internet Explore8でこのサイトにアクセスすると、次のようなエラーメッセージが発生。ナビメニュー以下のコンテンツが表示されない。



仕事で管理しているサイトのうち、WordPressで構築したもので、このエラーが起きるものはない。
また、このサイトだけが子テーマ機能を使っているものという理由から、最初はこのことが原因ではないかと疑っていたが、FirefoxやGoogle Chromeではこのエラーが起こらないし、さらに、子テーマ機能を使用していないサイトのなかに、サイトは表示されてはいるものの、IE8のウィンドウの左下にエラーメッセージが表示されるものを発見。

その後、Windows Updateで更新したら、何とかサイトが表示されるようになったので、忙さにかまけて、しばらくそのまま放置していたが、今日になって、偶然このサイトに出会って、その原因が判明した。

ちなみに、エラーの詳細は次のとおり。要するに、divの中でJavascriptを書くと起こるInternet Explore特有のエラーらしい。

メッセージ: オブジェクトでサポートされていないプロパティまたはメソッドです。
ライン: 4821
文字: 5
コード: 0
URI: http://www.ubiqlog.com/wp-includes/js/prototype.js?ver=1.6.1

メッセージ: HTML Parsing Error: Unable to modify the parent container element before the child element is closed (KB927917)
ライン: 0
文字: 0
コード: 0
URI: http://www.ubiqlog.com/

メッセージ: オブジェクトでサポートされていないプロパティまたはメソッドです。
ライン: 4621
文字: 7
コード: 0
URI: http://www.ubiqlog.com/wp-includes/js/prototype.js?ver=1.6.1

Microsoftに報告したこと

というわけで、さっそく、divの中にJavascriptが書かれている箇所を探してみると、上記のサイトで指摘されていたGoogle Adsenseを始め、プラグインのLightbox2やAddtoAnyでもdivの中にJavascriptを吐き出していることが分かった。これらを削除すると、なるほどエラー表示は消える。

その後、この三つのJavascriptを順番に有効にしてみると、Lightbox2かAddtoAnyのどちらかを有効にするとエラーが生じることがわかった。

このことは、いずれLightbox2やAddtoAnyの作者にも報告すべきだろうが、今どきdivの中にJavascriptを書けないことの方が、ナンセンスではないのだろうか。

本来、この記事は、WordPress.orgのフォーラムにバグ報告するための下書きとして書き始めたのだが、どうやら最終的には、Microsoftにバグ報告することになりそうだ。

もうすぐIE9が正式リリースされるらしいので、このバグがMicrosoft側で修正されているかどうかを見守りたい。

Xmarks問題でFirefoxとChromeについて考えてみた

パスワード同期サービスの「LastPass」がXmarksのサービスを継承するという記事があった。これで、Xmarksの代替サービスを探す必要はなくなりそう。

「LastPass」が「Xmarks」のサービスを継承。サービス存続が確定的に。

FirefoxやChromeにBookmark同期機能が組み込まれてしまった以上、Xmarksのサービスそのものは、かつてのように重要ではなくなっているのは確かだが、私のように、FirefoxとChromeを切り替えて使っているユーザーには、Xmarksは今でも重要なアイテムのひとつ。

今回のXmarks問題で、そろそろメインで使うブラウザをFirefoxとChromeのどちらかに決めなければならないと考えさせられた結果、Firefoxで使っている拡張機能と同等のものがChromeにもあるかどうか調べてみたのだが、想像していた以上に使えそうなものが多かった。 Continue Reading…

Geeklog分室での作業とNamazuのインストール

このところ、Geeklog分室でWordPressで使っているツールを立て続けにセットアップした。先日は、SyntaxHighlighterとLightbox2、本日はAddtoanyという具合だ。

WordPressではプラグインというかたちで提供されているので、ボタンひとつでインストールが完了してしまう。これに対してGeeklogの方は、基本的に手作業なのだが、ファイル構成もシンプルで、しかも、HTMLとプログラムコードが完全に分離されているので、思ったほど時間はかからなかった。

どちらが優れているかというよりも、それぞれにスタンスの違いがあって、おもしろい。

また、本日思うところあって、Ubuntuに全文検索ツールのNamazuをインストールしてみた。参考になるサイトもみつかり、次のようにコマンドを打ち込んで、インストールを完了させた。

$ sudo apt-get install namazu2
$ sudo apt-get install namazu2-index-tools
$ sudo apt-get install kakasi
$ sudo apt-get install libtext-kakasi-perl
$ sudo apt-get install nkf
$ sudo apt-get install libnkf-perl

ところが、最終テストの段階で動かない。あれこれやってみたのだが、どうもcgiの設定がおかしいような気がする。apacheのcgiの設定を変えると、このPCにお試しインストールしているCMSツールに影響がでそうなので、本日の作業はここまで。