ActivatorベースとなったPlay Framework 2.3.1のセットアップ

JavaとScalaに対応するWebフレームワークPlay Frameworkのバージョン2.3が、今年の5月末にリリースされた。このバージョン以降、これまではオプション扱いだったTypesafe Activatorの利用が必須となった。

ということで、以下、Linux Mint Debian Edition環境にPlay Framework 2.3.1をセットアップして、使い心地などを試してみた。

Play Frameworkのダウンロードと新規プロジェクトの作成

先ずは、Play Frameworkの公式サイトのダウンロードページから、最新版のPlay Frameworkをダウンロードする。解凍後、次のコマンドで出来上がったフォルダに移動。

$ cd activator-1.2.3-minimal

続いて、次のコマンドで、新規プロジェクトを作成する。

$ ./activator new

JavaとScalaのテンプレート選択からプロジェクト名の入力へ進み、対話式で新規プロジェクト(今回はmyAppScalaという名称にした)が作成される。

Play23OnActivator01
Continue Reading…