iPhoneがAndroidの成功を後押している理由

10月4日にauからシャープ製のAndroid搭載スマートフォンIS03が発表された。
ITmediaの記事によれば、IS03は、スマートフォンとして初めておサイフケータイ機能を搭載したほか、ワンセグ視聴機能を内臓し、ディスプレイ下部に、メインディスプレイがオフの状態でも時間やバッテリー残量を表示できる「メモリ液晶」を装備しているようだ。さらに、日本市場では必須ともいえるストラップ穴も装備しているとの情報もある。

auが打ち出した「1台持ちのスマートフォン」というコンセプトは、ある意味、日本人が長らく待ちわびていたものかもしれない。まだ、現物を触ってみないと何ともいえないが、デザイン性という点からいっても、iPhoneキラーになる可能性を秘めた製品になっているような予感がする。

勢いづいてきたAndroid陣営

auだけでなく、ソフトバンクも27日、HTC Desireの後継機HTC Desire HDを11月に投入すると発表した。HTC Desireを4月に投入して約半年で新製品ということになる。

さらに、ドコモからも今秋、サムスン製のAndroid搭載スマートフォンGalaxy Sが発表される予定になっている。HTC製のHT-03A、ソニーエリクソンのXperiaに続く、3機種目のAndroidということになる。

このように、ここに来て、キャリアも携帯メーカーも積極的にAndroidを搭載スマートフォンを日本市場に投入し始めた。

そもそもAndroidとは、スマートフォン向けのOSというべきもので、パソコンにおけるWindowsに該当する。ただ、Windowsとは違い、AndroidのカーネルやライブラリはLinuxがベースとなっており、無償で提供されるだけでなく、改変も自由なのだ。

今から考えてみると、Googleが打ち上げたAndroid構想は、誰から見ても非の打ち所の無い素晴らしい挑戦だったが、発表当初は、「スマートフォン向けのOSなんて本当に上手くいくのか」という声の方が多かったように思う。 Continue Reading…