CinnamonによるUbuntu 12.04のLinux Mint化

下記のスクリーンショットは、Ubuntu 12.04にCinnamonをインストールして、デスクトップ環境をLinux Mintっぽく(壁紙はLinux Mint Debianだけど)設定したものだ。MintメニューにUbuntu OneやUbuntuソフトウエアセンターという項目があることがその証拠だ。

そもそもLinux MintはUbuntuベースのディストリだ。そのLinux Mintに採用されているデスクトップ環境であるCinnamonをインストールするなら、こういう結果になって当たり前である。ところが、実際にインストールしてみると、想像以上に簡単にLinux Mint化できてしまうので、驚きを通り越して感動さえ覚えてしまう。

というわけで、以下CinnamonによるUbuntu 12.04のLinux Mint化の手順をどうぞ。
Continue Reading…

完成度を上げたLinux Mint Debian Edition 201204

4月5日にUpdate Pack 4が発表されて以来、何度もアップデートを試みたが、サーバーにアクセスが集中しているようで、ダウンロードの時間が以上に長く、途中で何度かタイムアウトする。

これはある意味、最近のLinux Mintの人気を裏付けているようにも思えるが、クリーンインストールで問題ない人は、iosイメージをダウンロードしてインストールした方がよいかもしれない。

MATEがデフォルトになったLinux Mint Debian Edition

さっそく、Linux Mint本家から自分の環境に適合するisoイメージをダウンロードして、DVDに焼き付け、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

今回のリリースの目玉は、デスクトップ環境がMATEとCinnamon版(Xfce版は従来どおり)になったという点だ。デフォルトデスクトップは、MATEとなっている。

LinuxMintDebianMATE

ログイン時に「その他」を選択してCinnamonを選べば次のとおり。

LinuxMintDebianCinnamon

MATEもCinnamonは、先にリリースされたLinux Mint 12上でお試ししているので、大きなインパクトはないものの、その完成度は高い。

ちなみに、日本語インプットメソッドのiBusのマーク表示にあった小さなバクもLinux Mint Debian Editionではフィックスされている。
Continue Reading…

Cinnamon時代に突入したLinux Mint

Ubuntu11.10ベースのLinux Mint12から、デスクトップ環境がGnome2ベースからGnome3ベースに変わった。MGSE(Mint Gnome Shell Extensions)が採用されたため、いくらかMintらしさは残されたものの、タスクバーも上下に配置され、MintメニューもどことなくGnome3ライクに見える。

MGSEによる新しいUIに戸惑いを覚える人には、Gnome2互換のMATEも用意されているが、こちらはGnome2ベースということもあり、永遠に使いつづけられるのかという不安がつきまとう。

こうした状況を打破するため、Mint Linuxは、Cinnamonをリリースしており、1月のバージョン1.2から始まり、2月に1.3、3月に入って1.4と、着実にバージョンアップを重ねている。

タスクバーも、従来の下段一本となり、Mintらしさが戻ってきた。バージョンアップを重ねるたびに、安定性も増しており、動作もきびきびとしたものに仕上がっている。今後はCinnamonが、Linux Mintのデファクトデスクトップ環境となることはほぼ間違いないだろう。

Linux Mint Debian EditionでもCinnamonが利用可能に

Update Pack3のまま凍結されていたLinux Mint Debian(LMDEのこと)だったが、Update Pack4の提供が近いというアナウンスが公式ブログからなされている。

Update Pack4では、いよいよCinnamonとMATEが提供される。Linux Mint DebianとCinnamonと組み合わせによって、どこまで軽くて先進性なデスクトップ環境に仕上がるのか、今からワクワクさせられる。