Concrete5はポストWordPressの有力候補なのか

今月初めに、「博多TECH塾」のConcrete5勉強会に参加させてもらったので、復習を兼ねてConcrete5のインストールや初期設定などをまとめてみた。

インストールを始める前に

先ずは、Concrete5をインストールするローカル観葉やレンタルサーバーを準備しておく。ローカル環境であれば、予めMAMPXAMPPなどをセットアップする。Concrete5用のデータベースを用意することも必要。

続いて、Concrete5の公式日本語サイトから、最新版 のzipファイルをダウンロードし、これを解凍。FTPクライアントなどを使って解凍したフォルダをドキュメントルートにアップロードする。

ここで、ブラウザからアップロードしたファイルにアクセスすれば、インストール開始となる。

Concrete5Inst01

なお、さくらのレンタルサーバー(スタンダード)の場合は、php.iniファイルに、次のような記述をしておく必要がある。

cgi.fix_pathinfo=1
default_charaset = UTF8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output =  UTF-8
iconv.input_encoding = UTF-8
iconv.internal_encoding = UTF-8
iconv.output_encoding = UTF-8
date.timezone = "Asia/Tokyo"

さくらのコントロールパネルにログインして、左サイトバーにある項目「PHP設定の編集」をクリックすると、php.iniファイル編集ツールの画面に切り替わる。

Concrete5Inst_Sakura

先ほどの記述をコピペして、最後に「保存する」ボタンをクリックすれば書き込み作業は完了。
Continue Reading…