Play Frameworkの最新版2.1.1で遊んでみた

Play Framework(以下Play)は、JavaとScalaの両言語に対応した、Ruby on Rails(以下Rails)ライクなMVC型フレームワークだ。両言語ともJVM上で動作するので、Scala側からJavaライブラリを利用することもできるし、その逆も可能。

最新版2.1.1が出たようなので、さっそくUbuntuローカル環境で試してみた。

JDKのセットアップから新規プロジェクトの作成まで

Ubunuの場合、デフォルトでは、JDK(Java Development Kit)がインストールされていないので、次の一連のコマンドを実行して、JVM環境を用意するところから始める。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

続いて公式サイトのダウンロードコーナーから最新版のPlay Frameworkをダウンロードして、これを任意の場所に解凍する。例えば、/home/hogeに解凍する場合は次のとおり。

$ unzip play-2.1.1.zip -d /home/hoge

指定した場所にplay-2.1.1というフォルダができるので、ホームディレクトリの.bashrcや.profile(Ubuntuならこちら)にコマンドパスを通す。

$ echo "export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle" >> .profile
$ echo "export PATH=$PATH:/var/private/play-2.1.1" >> .profile

ここで、いったんログアウト(Ubuntuの場合)して、再ログイン後、新規プロジェクトを作成する。

$ play new MyApps

PlayNewProject01

プロジェクト名の再確認があるので、問題なければ、何も入力しないで、エンターキーを押す。
Continue Reading…