年代物のMacBookでトリプルブートPCを作ってみた

昨年の9月、知人から譲り受けたMacBook(Mid 2007)ブラックモデルにメモリを増設し、HDDを交換などして、Mac OS X、Windows7、Linux MintのトリプルブートPCを作ってみた。

macbook00

以下、その手順。

Linux Mint用をパーテション領域を用意

  1. HDDを交換後、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール。
  2. Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押しながらMacBookを立ち上げる。
  3. 矢印キーでEFI Bootという項目を選択してエンターキーを押す
  4. Live CD/DVDで立ち上がったら、Gpartedを使い、Mac OS Xの後ろにLinux用の空き領域(100GBほど)を作る。

Boot Campを使ってWindows7をインストール

Linux用の空き領域が確保できたら、MacBookを再起動。Mac OS X上でBoot Campを使い、Windwos7をインストールする。

なお、このMacBookはMac OS X Snow Leopardまでしか対応していないので、Boot CampでインストールできるのはWindwos7まで。

Boot Campの使い方は、アップルの公式サイトにもあるが、個人的にはこの記事が分かりやすい(かつ共感するところもある)と思う。

Linux Mintのインストール

続いて、Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押したまま、MacBookを再起動する。選択画面でEFI Bootを選択。Live CD/DVDでMacBookを立ち上がったら、デスクトップ上のインストールアイコンをクリックして、Linux Mintをインストールする。

Linux Mintの具体的なインストール方法は、過去記事「Linux Mint Debian Edition 201403のインストールと日本語化」や「Linux Mint 16 Xfceのインストールと日本語化」などを参考にしていただきたい。
Continue Reading…

Windows7/8でMac用キーボードを使うときのIME設定

例えば、Boot CampによってMacにインストールされたWindwos7やWindwos8で、Mac用をキーボードを使うとき、半角/全角漢字キーがないことが不便だと思う。

そんなとき、コントロールキー + スペースバーなどにIME切り替えを割り当ててやると、利便性が一気に向上する。

Mac用キーボードにIME切り替えを割り当てる手順

Mac用キーボードのCtrl+SPACEにIME切り替えを割り当てる手順は、以下のとおり。

  1. 先ずは、タスクバー右下のIMEアイコン上で右クリックして、プロパティを選択。
    Windows8Upgrade011
  2. 最下段の「詳細設定」ボタンをクリック。
    Windows8Upgrade012
  3. Continue Reading…

Mac miniでWindows8アップグレードを実行してみた

Boot Campを使ってMac miniにインストールしたWindows7をWindows8にアップグレードしてみた。
なお、Mac miniにWindows8をインストールするには、Mac OS X 10.8 Mountain Lion以上が必要となる。作業の入る前にバージョンを確かめ、必要ならアップグレードしておく。

MacOSXMountainLionVersion

アップグレードの準備

アップグレードを開始するまえに、以下の準備をしておく。

  1. 手元に、Windows8のディスクとライセンスキーがあることを確認する
  2. 万が一に備えてデータのバックアップを取っておく
  3. Windows8に対応した最新版のBoot Camp Support Softwareをダウンロードして、解凍したファイルをUSBなどに保存しておく

アップグレード開始

Windows8のディスクを挿入(DVDドライブが内臓されていなければ外付けから)すると、次のようなダイアログが表示される。

Windows8Upgrade001

「setup.exeの実行」をクリックするとインストールが始まる。
「今すぐインストール」をクリックすると更新プログラムをインストールするかどうか問われるので、特別な事情がない限りこれらをインストールする。
Continue Reading…

Mac miniと外付けHDDで作るUbuntuトリプルブート環境

アップルが、Macにインテル製のCPUを採用するようになって以来、Mac上でWindowsが走るということはもはや常識。

この画期的な仕組みを実現してくれるのがBoot Campと呼ばれるソフトウェアで、Intel Macで採用されているファームウェアEFI(通常のPCではBIOS)からWindowsをブートさせてくれるという優れもの。Mac OSX10.5 Leopard以降からは、OS標準のソフトウェアでもある。

外付けHDDに3つ目のOSを追加する

今回は、Boot Campでデュアルブート化されたMacに、第三のOSとしてUbuntu 12.04 LTSを追加してみようということで、デスクトップタイプのMac miniのエントリタイプ(2GBメモリ、HDD500GB、Mac OS X Lion)と500GBの外付けHDDを用意した。

こちらのサイトなどを参考にもらって、Boot Campを利用して内蔵HDDにはすでにMac OS XとWindows7がインストールされているという前提で話を進めている。

また、外付けHDDのパーティションは、先頭から250GB~350GBを共通データ置き場とし、Fat形式又はexFat形式でフォーマットされ、残りをUbuntuのルートディレクトトとスワップ領域といった具合にフォーマットされているものとする。

exFat形式については、後述するので、自分の環境に合うようであれば、こちらを推奨。

Continue Reading…