Linux Mint 16にUbuntu Oneをセットアップしてみた

Ubuntu Oneは、その名のとおり、LinuxディストリビューションのひとつUbuntuユーザーに提供されたオンラインストレージサービスだ。早い段階でWindwosやiPhone、Androidに対応しており、最近ではMac OS Xにも対応している。

オンラインストレージサービスとしては、Dropboxの方がはるかに有名だが、登録時に無料で付与されるストレージスペースについていえば、Dropboxが2GBなのに対して、Ubuntu Oneの場合は、5GBということで、なかなか健闘している。

本来、このサービス、Ubuntuユーザー向けだが、Ubuntu以外のディストリビューション(といってもUbuntuベースだが)でも利用できるらしいので、Linux Mint 16 CinnamonやXfceにお試しセットアップしてみた。

Ubuntu Oneのセットアップ

参考にしたブログ記事は次のとおりで、タイトルは、Linux Mint 15となっているが、Linux Mint 16 CinnamonやXfceでも問題なくセットアップできた。

なお、このブログでは、レポジトリにnoobslabを追加することになっているが、コメントで、このレポジトリの追加は必要ないとの指摘があり、実際にやってみると、レポジトリの追加なしでインストールできた。

よって、以下の1行でインストールが完了することになる。

$ sudo apt-get install ubuntuone-client ubuntuone-control-panel ubuntuone-client-proxy ubuntuone-control-panel-qt

インストール後は、続けて端末から次の一行を打ち込むか又はスタートメニューからUbuntu Oneを選択する。

$ ubuntuone-control-panel-qt

Ubuntu Oneの設定ウィンドウが開くので、すでにUbuntu Oneのアカウントを持っている人は、「既存のアカウントでサインイン」ボタンをクリック。それ以外の人は「まだアカウントを持っていません。サインアップする」ボタンを選択する。
Continue Reading…