WordPress3.0マルチサイト化とSyntaxHilighter

以前、このブログで、WordPress3.0RC1日本語版をマルチサイト化する手順を記事にしたことがある。その際、正式リリースではマルチサイト化の手順が変わるかもしれないと書いていたが、実際には、手順は何も変わらなかった。本日、仕事で管理しているサイトで、WordPress3.0のマルチサイト化を行ったが、過去の投稿通りで間違いはなかった。

ところが、一点だけ、過去記事にタイプミスがあった。それは、マルチサイト化のために、wp-config.phpの最後に加える一行で、シングルクォートとしなければならない箇所がリバース・シングル・クウォートになっており、無駄なスペースまで挿入されていた。週末、WordPress3.0をマルチサイト化する作業をしていたとき、自分のブログ記事からコードをコピーして、wp-config.phpに張り付けたのだが、何度やってもダッシュボード上にネットワークという項目が現れず、おかしいと思って確認したら、このような状況だった。

こうしたソースコードを書くときに頼りになるのは、SyntaxHilighterだ。本当は、早くからダウンロードしていたのだが、このサイトはお試しプラグインをたくさん入れているので、導入をためらっていたのだ。もっと早く入れるべきだったのかもしれない。

ただし、今回は、3.0での動作実績があるということで、以前からダウンロードしていたSyntaxHilighterのプラグインではなくて、SyntaxHighlighter Evolvedをインストールしてみた。

インストール後に、有効化したら、SyntaxHilighterで表示したいソースコードを次のタグで囲む。

[ sourcecode language=”言語記号”]

[ /sourcecode]

なお、上記のタグは、SyntaxHilighterが作動しないように、[の後に半角スペースを入れている。実際に使用する時には、半角スペースを入れてはいけない。

また、language=の後に入れる言語の記号は、次の通りだ。

List of supported languages

Quick CacheがWordPress3.0に正式対応

WordPressの表示速度を速くしてくれるプラグインQuick Cacheが2.2.1にバージョンアップ。このバージョンから、WordPress3.0に正式対応している。

バージョンアップして最初に気がついたのは、ダッシュボード右上のログアウトリンクの右隣に「Clear Quick Cache」のボタンが現れたことだ。

このボタンは、これまではQuick Cacheのオプションセッティングのページに行かなければできなかった、キャッシュのリセットをダッシュボード上で行えるようにするものだ。こらは、3.0をマルチユーザー版で使うユーザーに多大な恩恵を与えることになる。

例えば、自分のブログの表示がおかしいと思って、キャッシュをリセットしたいと思ったら、これまでは、特権管理者としてログインしなおさなければならなかったが、このバージョンからは、ブログユーザーひとりひとりがキャッシュをリセットできるようになったのだ。

さらに詳しいバージョンアップの内容は、ReadMeのChangelogという項目に書かれている。

Google Analyticsに緊急避難

WordPress.com Statsが使えない状態が続いているので、本日、
Google Analyticsに緊急避難。このサイトだけでなく、Drupal分室もいっしょに登録した。

これから、分室を作っていくとなると、かえってGoogle Analyticsの方が便利かとも思ったが、やはり、個別記事へのアクセスまで分析してくれるWordPress.com Statsにはかなわない。早く復旧してほしい。

ところで、Contact Support宛に英語で状況を送っても何の返答もなかったが、本日Twitter上でつぶやいたら、日本語の通じる窓口のメールアドレスを取得できた。改めてTwitterの威力を実感することになった。

WordPress3.0日本語版とWordPress.com Statsの不具合

昨夜は、WordPress3.0日本語版がリリースされて、公私共にアップグレード作業が最終段階に突入。思っていた以上にスムーズに事が運んでいる。但し、WordPress3.0のマルチユーザー化については、今は様子見の段階だ。その理由は、WordPress.comの不具合に遭遇したからだ。

このサイトを立ち上げる前に、あちこちのブログサービスをお試ししていた時期があり、そのときWordPress.comにもアカウントを作って、ブログも書いていた。このアカウントは、WordPress.com Statsを利用するためにだけ取得したのものではないのだ。ところが、このブログに、突然アクセスできなくなった。たぶん、3.0にアップグレードした直後だと思うのだが、コントロールパネルからアクセスできないだけでなく、エクスポートもできない状態に陥ってしまった。

このサイトを3.0にアップグレードした途端に、プラグインのWordPress.com Statsが動かなくなった理由も、このことが原因のようだ。

現在、WordPress.comに問い合わせ中だ。アカウントにログインすると現れるトップメニューのアカウントの欄にサポートという項目があるので、それを選択したのち、Contact Supportをクリックすると、WordPress.comに直接メッセージを送れる仕組みになっている。

WordPress.comユーザーで同じような不具合に遭遇している人は、問い合わせた方が良いかもしれない。

Maintenance Modeを利用してWordPress3.0にアップグレード

昨夜、このブログをWordPress3.0にアップグレード。

見た目上はほとんど変化はないと思うが、WordPress3.0での目玉のひとつ、カスタムメニュー対応にも対応させた。

先ずは、新テーマのTwenty Tenのstyle.cssからIDがaccess(つまり#accessの部分)を自分のテーマのstyle.cssにコピペして、対応箇所を弄る。元々ヘッダーメニュー(又はグローバルメニュー?)を設置しているテーマなら、対応箇所は一目で分かる筈だ。

作業が終わったら、functions.phpに次の魔法の3行を書き入れる。

register_nav_menus( array(
       'primary' => __( 'Primary Navigation', 'ubiqlog' ),
	) );

今回は、ヘッダーメニューは一本なので、これで十分だった。

プラグインのほとんどが問題なく動いているが、WordPress.com Statsだけが、3.0にアップグレードして、動かなくなった。このブログのアップグレードは、仕事の予行演習を兼ねていたので、単純なアップグレードではなく、接頭辞を変えて、別途にWordPressをインストールして、そこにすべてを移転してから一方をアップグレードするという方法を取った。これはアップグレード不具合が起きたときにいつでも古い環境に戻れるようにするためなのだが、この作業方法によって、Statsのエラーが生じているのかどうかは不明。

なお、アップグレード作業中は、Maintenance Modeを使用した。作業中の画面がこんな感じだ。


このプラグインは、WordPress.orgからダウンロードできる。日本語化ファイルも配布されている。

いろいろと想定外の小さなエラーが起きてアップグレードには時間がかかったが、それでもWordPress3.0そのものは素晴らしかった。WordPress開発チームや日本語化チームの努力には心から敬意を表したい。

WordPress.com Statsアップデートでエラーが発生

WordPress.com Statsのバージョンを1.7にしたら、次のようなエラーメッセージが表示された。

WordPress.com Stats is unable to work properly because your theme seems to lack the necessary footer code. Usually this can be fixed by adding the following code just before </body> in footer.php:
<?php wp_footer(); ?>

さっそく、footer.phpを調べてみると、<?php wp_footer(); ?>がないので、</body>の直前にを書き込むと、エラー表示が消えた。

プラグインによっては、<?php wp_footer(); ?>がないと正しく動作しないものがあるので注意が必要だ。なお、</head>の直前には<?php wp_head(); ?>が必要だ。合わせて注意しておきたい。

WP to Twitterを一旦削除

どうやらWP to Twitterがエラーを起こしているようなので、一旦削除しました。ブログはブログで、TwitterはTwitterということで、別々のソーシャルメディアだと考えると、ブログとTwitterを連動させるのは邪道かもしれません。

そういえば、以前、Tweatableというブラグインで痛い目に会っています。

というわけで、本日からタイトルをマイナーチェンジして、再々スタートです。

どうしたんだcli.gsそれともWP to Twitterのエラー?

cli.gsがエラーを起こしたようで、リンクが短くなりません。WP to Twitterからエラーメッセージが届く。cli.gsのAPI Keyを再確認せよとの指示なので、さっそくcli.gsのアカウントにログインしようとするも、きっぱり拒絶される。

「どうしたんだcli.gs、機嫌直してくれよ」と頼んでみても、反応がないので、現在、bit.lyをお試し中。それでも、WP to Twitterからエラーメッセージは消えず。

これが3回目のテストです。

WPtouch iPhone ThemeとDropbox

WPtouch iPhone Themeがバージョンアップ。バージョン1.911へ。


WordPressのiアプリのスクリーンショットが、Evernoteに入れっぱなしなっていたので、ついでに掲載します。ちなみに、iPhone 3Gでのスクリーンショットの撮り方は、ホームボタンを押しながらスリープボタンを押すです。


なお、Ubuntuで作業することが多くなって、Evernote派からDropbox派に変わりつつあります。iPhone上ではまだまだEvernoteが便利ですが、Linux上になると俄然Dropboxが便利になります。Ubuntu用のパッケージもあるので、インストールも至って簡単です。