twentytwelveとMobile Detectorによるスマホ対策

WordPressのバージョン3.5もいよいよ正式リリース間近(12月12日に日本語版がリリースされた)。今回のバージョンの目玉のひとつは、標準テーマのTwenty Twelveだが、実は、WordPressの正式リリースを待たずして、Twenty Twelveを先行ダウンロードできる。

Twenty Twelveでは、PCやスマホなどのデバイスに応答して、表示を最適化するレスポンシブデザインが採用されており、このテーマをカスタマイズすれば、誰でも簡単にスマホ対応のテーマを作ることができるのだ。

左のスクリーンショットは、このサイトのテーマをTwenty Twelveに変更して、iPhone4S上で表示したもの。

ご覧のとおり、シンプルで機能的なテーマなので、スマホやタブレットのことだけを考えるなら、このまま利用しても問題はない。

ただし、これをPC用のテーマとしも使うとなると、少々話が違ってくる。ヘッダーにロゴを入れたり、ナビメニューの位置を変えたり、何かとPC用にカスタマイズしたくなる。カスタマイズの程度にもよるが、場合によっては、スマホやタブレットでの表示が崩れることだってある筈だ。

また、PCで非レスポンシブデザインテーマを使っていて、これがとても気に入っている場合、レスポンシブ化のためだけに、Twenty Twelveをベースにテーマを書き換えるのかどうかという問題も起こるかもしれない。

そんなときお薦めしたいのが、Twenty TwelveとMobile Detectorというプラグインの組み合わせによるスマホ対策だ。
Continue Reading…

WordPressのテーマにおけるhome.phpとfront-page.phpの違い

TwentyTenの子テーマをTwentyElevenベースに書き換えているとき、ふと疑問に思ったことがあったので、取り敢えずメモしてみた。

home.phpとfront-page.phpとの違い

現在、WordPressのトップページに表示したいページは、管理画面の設定項目の表示設定からも選択できるようになっているが、一般サイトを構築するCMSとして利用する場合、トップページに独自のレイアウトを施したいと思うことも多い筈。

そういうときは、テーマフォルダにhome.phpというファイルを作成して、そこに固定ページや投稿ページとは違うレイアウトを施すことになるのだが、バージョン3.0以降から、home.phpの代わりにfront-page.phpを利用することもできるようになっている。

両者の違いは、front-page.phpが、管理者画面の表示設定で特定の固定ページがフロントページとして選択されている場合でも、まったく影響を受けないのに対して、home.phpの場合は、フロントページの表示で選択されているページが優先的に表示される。

なお、テーマ内にhome.phpとfront-page.phpの両方がある場合は、front-page.phpの内容が優先的に表示されるようになっていた。

たぶん、これはほとんど常識なのだろうし、結論から言えば、好きな方を使えばよいのだが、取り敢えず疑問が解決したので、個人的にはすっきりした。

進化を続けるWordPress3.2と新テーマtwentyeleven

Linuxローカル環境にWordPress3.2のRC1をインストールしてみた。Linuxローカル環境の構築については先週このブログに投稿している。

RC1は英語版なので、メッセージはすべて英語だが、インストール手順はこれまで通り。WordPressをインストールした経験のある人なら問題はないだろう。

WordPressをインストールしたフォルダにブラウザからアクセスすると、wp-config.phpを作るようにと促されるので、いつものように素直に従う。

最初はデータベースの設定。予めデータベース作っておくようにと指示されるので、phpMyAdminなどで作成しておく。

WordPress3_2_RC1_install02-1

データベースの設定に必要な項目を入力して、先に進む。
Continue Reading…

WordPress3.1のtwentytenのバージョンが1.1から1.2へ

先週、WordPress3.1が正式リリースされた。まだ、英語版のみということで、先ずはUbuntuローカル環境にWordPressをバージョンアップしてみた。当然、ダッシュボードも英語になるかと思いきや、何故か日本語のままだ。


すべての環境でこうなるとは限らないので、運用中のサイトの場合は、日本語版の正式リリースを待ってアップグレードすべきだろう。

とはいえ、無事にWordPress3.1にアップグレードできたということで、先ずはWordPress3.1の標準テーマtwentytenから検証してみた。 Continue Reading…

新テーマをWordPress3.1RC4で試してみた

本当は、まだ完成したとはいえない段階だが、先週末から新テーマを使用中。デザイン的には平凡なデキだが、twentytenの子テーマとしてテーマを書き直すという目標は一応達成できた。

WordPress3.0から大幅に機能強化された子テーマ機能だが、実際に使ってみると、コーポレートサイトも安心して構築できるレベルにまで達していることが分かった。

functions.phpに関してだけは、ときどき「おやっ」と首を傾げるところもあったが、これには、こちらの勉強不足ということもあるだろうし、どうしてもうまくいかないときは、独自の関数を定義すればよい。

最後に、この新テーマを次期バージョンの3.1への移行するテストも行ってみた。正式リリースはまだなので、Ubuntuローカル環境にRC4をセットアップして試してみた。 Continue Reading…

WordPressの子テーマで起きたfunctions.phpの問題

以前書いた記事トTwenty Ten 1.1で子テーマに挑戦で、子テーマ内のfunction.phpについてこんなことを書いていた。

唯一の例外はfunction.phpで、このファイルは、子テーマのfunction.phpが優先的に実行された後、親テーマのfunction.phpが実行される。

この記事を書いたとき、子テーマのfunction.phpで新しい関数を定義することは確認したが、親テーマのfunction.phpで定義された関数の変更を検証していなかった。

このため、子テーマに親テーマのfunctions.phpをコピーしておいて、変更したい箇所だけ書き換えれば良いのではないかと、単純に考えていた。ところが、実際にやってみると、こんなエラーが生じてしまう。 Continue Reading…

WordPress3.10に向けてテーマ書き直し中

WordPress3.10のリリース候補3が出て、いよいよ正式リリースが近づいている模様。今回は、ベータ1を試したまま、リリース候補はまだ試していない。そろそろRC3は試しておいた方がよさそうだ。

というわけで、先週からゼロから自作テーマを書き始めたのだが、今日になって、どうせ書き直すなら、子テーマ機能を使いたいと気が変わり、現在、仕切り直し中。

子テーマを使ったテーマの書き方は、Twenty Ten 1.1で子テーマに挑戦というタイトルですでに記事にしているが、本格的に作業を始めてみると、テストでは気づかなかった問題がいくつか発生した。 Continue Reading…

Twenty Ten 1.1で子テーマに挑戦

WordPress3.0の新標準テーマtwentytenが1.0から1.1にバージョンアップしていた。大きく外観が変わったわけではないので、あくまでもマイナーチェンジの模様。WordPress.orgのフォーラムによれば、1.1で変更になったファイルは次のとおり。

attachment.php
functions.php
header.php
loop.php
style.css

WordPress3.0にバージョンアップする際、Twenty Tenを下敷きにしてテーマを書き換えたサイトがあるので、そういうサイトでは、1.1になってどこがどう変わったのかをきっちりと確認しておかなければならないだろう。 Continue Reading…

トップページの変更と背景機能に対応

home.phpを作って、これをトップページに設定。WordPress3.0の新機能のひとつ、背景機能にも対応した。functions.phpに次の一行を追加しただけで、コントロールパネルの外観に背景という項目が付け加えられる。

add_custom_background();

さっそく背景変更。従来のstyle.cssを弄って背景を変更する方法も、取り立てて難しいことではなかったが、それでもこの新機能は便利だ。季節や気分によって、手軽に背景を変えられそうだ。

WordPress3.0RC1日本語版のマルチサイト化

正式リリースを待った方が早いと思っていたが、やはりテストしておかなければならないことがいくつかあったので、WordPress3.0RC1日本語版をインストールした。

インストール手順は、2.92と何ら変わらないが、インストールの途中で、wp-config.phpに書き込みができないというメッセージが出た。指示されたテキストをwp-config.phpにコピペして、アップロードしたら、あっさりとインストールが完了した。

途中で、シングルユーザーかマルチユーザーかの選択があると思っていたが、ベータ版と同じく後から手動で作業しなければならないようだ。WordPress初心者が誤ってマルチユーザー版をインストールして混乱するより、こちらの方が良いのかもしれないが、正式リリースではこの辺りは変更になる可能性はある。

汎用CMSへの道を走り始めたWordPress

3.0で大きく変わることのひとつは、デフォルトテーマだ。このTwenty Tenと呼ばれる新しいテーマは今後のWordPressの方向性を示す、もっとも重要な変化だ。

WordPress3.0で採用されるデフォルトテーマTwenty Ten

シングル版のコントロールパネルでの大きな変化は、外観の設定だ。3.0では、従来の項目に3つの新しい項目が追加された。そのひとつが、「カスタムメニュー」だ。 Continue Reading…