Ubuntuローカル環境にMovable Type 5などインストールしてみた

コアサーバーへのa-blog cmsのインストールに失敗したので、ローカル環境へのインストールに切り替えてみた。

a-blog cmsの公式サイトには、XAMPPというツール群によってローカル環境へa-blog cmsをインストールする方法が紹介されている。XAMPPとは、Apache やOpenSSL、MySQL、PHP、phpMyAdmin、Perlなどの頭文字で、主にローカルPCにサーバー環境を構築するために必要なツール群がまとめられたソフトウエアパッケージのこと。Linux版の他、WindowsとMac OSX版などがある。

WindowsやMacでは、手軽にサーバー環境を構築できて便利だが、デスクトップ版Ubuntuでは、Synapticパッケージマネージャーなどを使ってインストールした方が、後の管理は楽だろう。

なお、この場合、ApacheやMySQL、PHP、Perlなどは問題ないが、phpMyAdminについては、リポジトリにあるバージョンが古いので、最新版を使いたい人は、本家サイトからzip形式ファイル(もちろんgz形式でもかまわない)をダウンロードして、/var/wwwなどに解凍した方がよいかもしれない。

サーバー環境を構築した後、phpMyAdminによってMySQLを設定。再度a-blog cmsのインストールに挑戦してみたが、画面が真っ白になるばかりで、インストールできない。コアサーバーよりひどい状態だったので、いったん、a-blog cmsのインストールを中止。サーバー環境自体に問題があるかどうかテストするため、Movable Type 5をインストールしてみた。

Continue Reading…

コアサーバーへのa-blog cmsインストールの挑戦と失敗

昨夜、a-blog cmsのインストールに挑戦したが、何度試みてみても、インストールの途中で止まってしまう。Site errorが表示されて、「ioncube_loader_lin_5.2.soをインストールしろ」と言ってくる。

このionCubeというのは、PHP エンコーディング (スクリプトの暗号化)を行うソフトウエアで、アシアル株式会社にて配布されている。a-blog cmsはOSSではなくて、商用ソフトということもあって、暗号化が必要なのだ。

今回、a-blog cmsのインストールを試みたのはコアサーバーで、サポートページには、PHPをCGIとして動かす方法についてというトピックがあった。これによると、ionCubeはコアサーバーに最初からインストールされているようで、php.iniに記述すれば動作するということになっている。
Continue Reading…