MX Linuxに軽量ドックランチャーPlankをインストールしてみた

MX Linuxは、軽量LinuxディストロantiXのコミュニティに元MEPHISコミュニティのメンバーが合流して誕生した、今最も注目されているLinuxディストロのひとつだ。

最近では、DistroWatch.comのページヒットランキングで、Manjaro Linuxを抜いて、首位に躍り出ている。

現時点での最新バージョンは18.3。インストールの手順については、過去の投稿「Macトリプルブート環境下のrEFIndで起こる問題がMX Linuxのお試しインストール中に解決」でも触れているが、今回は、この話題のディストロに軽量ドックランチャーPlankを追加してみた。

Plankのインストール

Linuxのドックランチャーといえば、Cario Dockなど、Plankの他にも複数の選択肢がある。また、MX Linuxのデスクトップ環境Xfce4なので、もうひとつパネルを追加して、ドックランチャー風に使うという手もあるが、今回は、軽量かつテーマが豊富という点で、Plankを選択した。

インストールは以下のコマンドで完了する。

$ sudo apt install plank

自動開始アプリケーションにPlankを登録

インストールが完了したら、ログインと同時にplankが起動するように登録する。「セッションと起動」画面の「自動開始アプリケーション」タブ上で、追加ボタンをクリック。

「アプリケーションの追加」画面が表示されたら、ここでPlankの名前と説明、コマンドを登録する。

「セッションと起動」画面で、Plankの先頭のチェックボックスにチェックが入っていることを確認して、画面を閉じれば登録は完了。

いったんここでログアウトし、再ログインした後、Plankが自動で立ち上がっていることを確認できれば、登録は成功。

テーマの変更

以下のコマンドを実行すると、Plankの詳細設定画面が表示される。

$ plank --preferences

この画面でテーマが変更ができる。表示位置やアイコンズーム効果のオンオフなどもここで変更できる。

テーマの追加と透明処理

初期設定では、Plankのテーマは4つとなっていて少々さびしい。そこで、Plank-ThemerGNOME-LOOK.ORGなどを利用して、テーマを追加してみよう。

なお、これらのテーマは、透明処理を前提としているものが多いので、マシンパワーに少し余裕があるなら、MX Tweakを起動し、Compositorタブ上でCompton又はXfwn(Xfce) Compositorを選択(初期設定はNoneになっている)することをお勧めしたい。

さらに、MX Linuxのデフォルトのパネルの位置(画面左)が気になるという人も、このMX Tweakで変更が可能。

PanelタブでDisplay panel horizontallyにチェックを入れたら、上(top)又は下(bottom)を選択できるようになる。

この辺りは好みの問題だが、他にもいろいろと弄りがいのある箇所がたくさんあるので、大いにカスタマイズして楽しんでいただきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク