XfceやLXDEより軽いLinux Mint Debian Edition

以前書いた記事のなかで、Linux MInt 11とUbuntu11.04のメモリ消費量比較を行っているが、そのときの数値は、2GBメモリ中257.7MB(12.9%)だった。 では、Ubuntu11.10にアップグレード後はどうなっているのかということで、改めて計測してみたら、2GBメモリ中426.0MB(21.2%)という数字になった。UbuntuのUnityシェルがどんどんユーザーフレンドリーになって行く半面、メモリー消費量もどんどん増えていくという、ある意味当然の結果となった。 SystemMonitor_Ubuntu

Update Pack 3を施したLinux Mint Debian Editionの場合

前述の記事中にはLinux Mint Debian Edition(略称LMDE)についての数字も残っていた。同量のメモリーを搭載した別PCでの計測ではあったが、2GB中156.7MB使用という数字が残っている。 そこで、Update Pack 3を施した後の最新のLinux Mint Debian Editionについて、システムモニターで調べてみたら、次のような結果が出た。 Continue Reading…