Ubuntuローカル環境にMovable Type 5などインストールしてみた

コアサーバーへのa-blog cmsのインストールに失敗したので、ローカル環境へのインストールに切り替えてみた。

a-blog cmsの公式サイトには、XAMPPというツール群によってローカル環境へa-blog cmsをインストールする方法が紹介されている。XAMPPとは、Apache やOpenSSL、MySQL、PHP、phpMyAdmin、Perlなどの頭文字で、主にローカルPCにサーバー環境を構築するために必要なツール群がまとめられたソフトウエアパッケージのこと。Linux版の他、WindowsとMac OSX版などがある。

WindowsやMacでは、手軽にサーバー環境を構築できて便利だが、デスクトップ版Ubuntuでは、Synapticパッケージマネージャーなどを使ってインストールした方が、後の管理は楽だろう。

なお、この場合、ApacheやMySQL、PHP、Perlなどは問題ないが、phpMyAdminについては、リポジトリにあるバージョンが古いので、最新版を使いたい人は、本家サイトからzip形式ファイル(もちろんgz形式でもかまわない)をダウンロードして、/var/wwwなどに解凍した方がよいかもしれない。

サーバー環境を構築した後、phpMyAdminによってMySQLを設定。再度a-blog cmsのインストールに挑戦してみたが、画面が真っ白になるばかりで、インストールできない。コアサーバーよりひどい状態だったので、いったん、a-blog cmsのインストールを中止。サーバー環境自体に問題があるかどうかテストするため、Movable Type 5をインストールしてみた。

Continue Reading…

Mixiアカウント取得とMovable Type Open Source

昨日、OpenPNEの体験用SNSのアカウントが削除されたと勘違いして、Mixiのアカウントを取得しました。仕事がらみでSNSのこと調査中なので、いずれはMixiアカウントも必要になるでしょうから、これはこれでいいでしょう。

それから、お試しサイトにインストールしたMovable Type Open Sourceのことをすっかり忘れていたことを思い出して。先ほど少し弄ってみました。

WordPressよりもMovable Typeを使っていた経験(オープンソースではなかった時代の話)の方が長いという自負があったのですが、新しいバージョンはさっぱり分かりません。どうやらゼロからやり直しのようです。

SNSの件が落ち着いたら、腰を据えて勉強し直します。

DNS設定でMovable Typeをセットアップ

DNS設定で他のサーバーに、Movable Type Open Sourceをセットアップ。さすがにひとつのMySQLアカウントに3つの異なるCMSを乗せるのは怖いので、サブアカウントをDNS設定で別のサーバーに仕向けることにした。

このサーバーは複数のMySQLアカウントが使えるので、ついでにOpenPNEもインストールしようと試みるも、残念ながらここはsshが使えない。今のところ手動でインストールするしかない模様。