OpenSolarisの後継OpenIndiana151aの実力

先日、自宅のレガシーVAIOノートがWindowsマシンとして現役引退(LinuxPCとして現役続行中)して、HDDに空きスペースができたので、今話題(かなり地味な話題だが)のOpenIndianaをインストールしてみた。

OpenIndianaとは、OracleのSun Microsystems買収に伴って終了した、OpenSolarisプロジェクトの後を引き継いだOSだ。Solarisとの互換性を保ちつつ、これまでバイナリでしか提供されていなかったカーネルやライブラリ類などを順次オープンソースされていくことを目標にしている。

今回お試ししたバージョン151aでは、カーネルがオープンソースのIllumosに置き換えられ、仮想化ソリューションとしてKVMが統合された。OpenIndianaプロジェクトの詳細については、日本語のプレスリリースを参照していただきたい。

超簡単なGUIインストール

先ずは、OpenIndianaのサイトで、isoイメージファイルをダウンロードする。サーバー用とデスクトップ用があるが、今回はデスクトップ用のisoイメージファイルにした。これをBresaroなどでDVDに焼き付ける。

LiveDVDが出来上がったら、PCを再起動して、このインストール用のLiveDVDから立ち上げる。途中でキーボード配列と言語を問われるので、どちらもJapaneseと(当然環境によって違ってくる)答えておく。番号でいうと23番と15番だ。

上記はLiveDVDで立ち上がった直後のOpenIndianaの様子。デスクトップ環境がGNOMEということもあって、バージョン一桁代の頃のUbuntuという感じの雰囲気だろうか。
Continue Reading…