超軽量Linuxディストロ/wattOS R7.5のインストールと日本語化

wattOS R7.5は、Ubuntu 13.04をベースとした軽量Linuxディストリビューションひとつだ。インストールされているアプリケーションも必要最小限のものに抑えられていて、その名(電力の単位ワット)の通り、省電力を目指したLinuxディストリビューションという内容になっている。

wattOS R7.5 Microwattのインストール

今回は、最軽量のものを試してみたかったので、wattOSの公式サイトからMicrowattのCDイメージをダウンロードしてみた。

wattOS R7.5にはデスクトップ環境によって、LXDE版、MATE版、Microwatt(軽量XウィンドウシステムPekWMを採用)の3種類があり、LXDE版、MATE版にはそれぞれ32bit版と64bit版のCDイメージが提供されているが、Microwattは32bit版のみとなっている。これは、旧式の非力なPCでも快適に動作するエディションという基本コンセプトによるためのようだ。

Linux上であればBrasero等のCD/DVDライティングソフトを使って、インストール用のLive CDを作成し、これでPCを立ち上げる。

wattOSR75_inst01
wattOSR75_inst02

選択画面が表示されたら、一番上のLive – boot the Live Systemを選択。次にログイン画面が現れるので、ユーザー名にguest、パスワードを空白にして、ログインする。ログイン後、画面左下の電球アイコンをクリックして、Preferencesからinstall wattOSを選択。これでインストールが始まる。

wattOSR75_inst05
wattOSR75_inst06-2

言語選択の画面では、2バイト文字が文字化けしていて日本語が選択できない。このため、Englishを選択するしかない。当然、これ以後は、すべて英語になるが、Ubuntu 13.04インストール時の日本語の指示などを参考にしてもらえば、特別に難しい場面はない。
Continue Reading…