ネットバカになりたくないと思ったが…

先月、ニコラス・G・カー氏の「ネット・バカ—インターネットがわたしたちの脳にしていること」を読んで、本当にインターネットで馬鹿になっているかどうかテストしてみた。2週間ほど、Twitterを止めて、ブログも更新しない生活を送ってみた。仕事でインターネットを使わないというわけにはいかないが、ネット利用を最小限に留めてみた。

2週間テストしてみたが、私の脳内には目立った変化は起きていないようだ。心境の変化があったとすれば、突然、髪型をスポーツ刈りにしたくらいだ。もっともこれは、インターネット接続の時間が減ったからというよりも、異常気象が原因だったような気がする。

実は、この本のタイトルとは裏腹に、著者のニコラス・G・カー氏は、インターネットを利用することによって、人間がバカになると言っているのではない。人間の脳が変化するということを脳科学の立場から客観的に議論しているに過ぎないのだ。

以前、ヘミングウェイの文体は、タイプライターという筆記具に影響されているという本を読んだことがあったが、「ネットバカ」でも、ニーチェやT.S.エリオットが、タイプライターを使用すると、手書きのときと文体が違うということに気がついていたというエピソードが語られていた。この辺りは、大いに納得できたが、これはあくまでも歴史に名を残す天才の脳に変化をもたらすものであって、私のような凡人の文体には、ほとんど何の影響を与えない。

というわけで、本日よりネット接続を再開して、おバカなネット生活を再開したいと思う。ネット上では人間の脳は注意散漫状態に置かれるらしいので、少々拙い文章でも、読者は見逃してくれる可能性は高い。その意味では、Twitterやブログへの投稿は以前よりも気軽にできそうだ。興味のある人は是非ともこの「ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること」を一読することをお勧めしたい。

なお、著者のニコラス・G・カー氏も、この本を書くために、ネット接続を最小限にしてTwitterやFacebookの更新を止めていたらしいが、書き終わった後は、元の生活に戻ったらしい。


Google Meが出てくる可能性

ツイッターでGoogle Meの話題を見つけたので、ググってみたら、おもしろいブログの記事に行き着いた。

【噂】 Facebookキラー「Google Me」がまもなくローンチ?

この記事でも触れているように、今の段階では噂の域を出ない。また、こういう噂が流れると、Googleが計画を見直す可能性もある。

しかしながら、たとえGoogle Meが実現に至らなくても、今後誰かが同じようなこととを試みる可能性は高い。Facebookは早くからオープンソース化しているということもあって、その気になれば、誰でもFacebookキラーを作れる可能性はあるのだ。プライバシーについての考え方は人それぞれに違うのだから、多様なFacebookキラーが出てくれるとありがたい。

以前からこのブログでも述べたように、個人的には、MixiにFacebookのいいとこ取りをしてもらうのが理想だ。Facebookのリンク機能や外部ブログを取り込む機能などは、ぜひ取り入れてほしい。

分散型SNSの時代は到来するのか?

仕事絡みでSNS構築話があって、SNS関係の情報を集めていたのだが、結局、この話は時期尚早ということで先送りになった。そこで、ちょっと仕事を離れて、いちユーザーの視点からSNS関係の問題をまとめ直してみた。

Mixi対Facebookの構図

先ずは、純粋なSNSのいち利用者という立場から言うと、複数のSNSを利用するというのは、実に不便だ。Twitterにばかり投稿していると他のSNSを見回るのをついつい忘れてしまうし、同じ内容の投稿を複数のSNS上でしてしまうということもよくある話だ。

この点に関していえば、Facebookが優れていて、Twitterへの投稿がそのままFacebookの掲示板に表示できる機能を持っており、その逆のことを実現するアプリケーションもある。

一方のMixiはというと、Twitterにさえ一定の距離を置いているようで、基本的にはクローズ型SNSというスタンスを崩していない。しかし、私の勝手な予想ではあるが、年末に向かってFacebookが日本市場で攻勢をかけてくるとしたら、Mixiもある程度オープン化戦略で対抗するのではないかという気がする。

なお、ブログ構築ツールや無料ブログサービスについては、どこも各種SNSとの連携には積極的で、豊富なプラグインが用意されている。

分散型SNSという考え方

結局、ユーザーの利便性という点から見ると、最終的には、メジャーなSNS2つか3つに集約されていくのではないかと思うが、その一方で、最近、Twitter上などで交わされている分散型SNSという考え方も存在する。要するにこれは、中小のSNS同士が共通のプロトコルによって横に繋がったいくという考え方だ。

そして最後に、もうひとつの分散型SNS。これは、汎用CMS側がプラグインなどによって、自らをSNS化するという考え方だ。この別々のCMS上に構築されたSNSが連携を模索すれば、最もオープンでフラットな分散型SNSが誕生することになる。

以前にも投稿したように、WordPressにはBuddyPressという自らをSNS化するプラグインもある。DrupalやJoomlaにも同じような目的のプラグインがあり、これからもCMS側で自らをSNS化するアドインソフトが開発されていく可能性は高い。

最後はオープン化が決め手

何れにしても、人は最もお気に入りの場所から情報を発信したいと望むに違いない。MixiというSNS空間が快適だと感ずる人は、どんなにFacebookが日本でもシェアを伸ばしても、そう簡単にプラットフォームを動かすことはしないだろう。そうなると、例えばFacebookしか使わないという友人とどうやって繋がるのかということが問題となる。実際、ブログという情報発信空間が最も快適だと感じている人も、今ではTwitterや各種SNSを完全に無視するわけにいかなくなっている。同じようなことが各SNS上で起こる可能性は高い。

その意味では、遅かれ早かれ、分散型SNSの時代はやって来る。そして、ひとりのユーザーという視点からいうなら、次の時代の覇者が誰かということよりも、自分のお気に入りの情報発信基地がどれだけオープン化してくれるかということの方が重要かもしれない。

publishToMixiによるMixiへの投稿結果

先ほどの投稿はMixiではこんなふうになります。



タグで囲んでいたリンク先は、()内に表示されていました。作者の方のブログにも「すべてのHTMLタグは、mixiに送られるときに取り除かれます」と書かれていました。

なお、予約投稿には対応していないようです。

SNSの外からSNS内の日記に投稿するというのは、まさに逆転の発想です。とても面白いです。