さくらのVPSにUbuntu12.04をカスタムインストール



さくらのVPSの場合、CentOSの64bit版がデフォルトOSだが、DebianやFreeBSDなどをカスタムインストールすることができる。そこで、先ずは、カスタムOSに加わったばかりのUbuntu12.04をインストールしてみることにした。

Ubuntu12.04は、5年間のサポート(2017年4月まで)が約束された、いわゆるLTSで、デスクトップ版、サーバー版ともに2bit版と64bit版があるが、さくらのVPSでは、現在のところ64bit版のみが提供されている。なお、以下の記事は、Debian6.0の場合にもそのまま当てはまる。

カスタムOSインストール

先ずは、さくらVPSのコントロールパネルの左サイドメニューでOS再インストールをクリック。次に「カスタムOSインストールへ」というリンクをクリックして、次のページのOS選択で、Ubuntu12.04 amd64を選択。以下、さくらのオンラインマニュアルを参照のこと。
Continue Reading…

DebianサーバーでsudoとOpenSSHを設定する

さくらのVPSを借りて、カスタムOSインストールでDebian 6.0を選択した場合、先ず最初にすべきことは、sudoとOpenSSH(Open Secure Shell)のインストールと設定だろう。

sudoのインストールと設定

Debianのインストールが完了後、さくらのVPSのリモートコンソール上からsuコマンドでスーパーユーザーとなり、sudoパッケージをインストールしよう。

# aptitude install sudo

この記事内では、パッケージのインストールや削除にaptitudeコマンドを使用している。aptitudeの代わりにapt-getコマンドを使っても良いが、どちらかに統一して使用した方がよい。aptitudeコマンドは、基本的な機能はapt-getコマンドとほとんど同じだが、removeの際に依存するライブラリが他のパッケージが依存していない場合は、いっしょに削除してくれるというメリットがある。

次に、スーパーユーザーのままで、visudoコマンドを実行。このコマンドは、sudoの設定ファイルである/etc/sudoersをデフォルトのエディタで編集するためのコマンド。普通にテキストエディタで編集するときと違い、終了時に構文上の間違いを指摘してくれる。

Debian 6.0のデフォルトエディタは、nanoを使用。

/etc/sudoersファイルの下から3行目あたりに、%sudo ALL=(ALL) ALLという一行があることを確認したら何もせずにnanoを終了。グループsudoにすべての実行権限が付与されていることが分かったので、ユーザーhoge(Debianインストール時に設定したユーザー名)をsudoグループに追加する。
Continue Reading…