Linux Mint 16にUbuntu Oneをセットアップしてみた

Ubuntu Oneは、その名のとおり、LinuxディストリビューションのひとつUbuntuユーザーに提供されたオンラインストレージサービスだ。早い段階でWindwosやiPhone、Androidに対応しており、最近ではMac OS Xにも対応している。

オンラインストレージサービスとしては、Dropboxの方がはるかに有名だが、登録時に無料で付与されるストレージスペースについていえば、Dropboxが2GBなのに対して、Ubuntu Oneの場合は、5GBということで、なかなか健闘している。

本来、このサービス、Ubuntuユーザー向けだが、Ubuntu以外のディストリビューション(といってもUbuntuベースだが)でも利用できるらしいので、Linux Mint 16 CinnamonやXfceにお試しセットアップしてみた。

Ubuntu Oneのセットアップ

参考にしたブログ記事は次のとおりで、タイトルは、Linux Mint 15となっているが、Linux Mint 16 CinnamonやXfceでも問題なくセットアップできた。

なお、このブログでは、レポジトリにnoobslabを追加することになっているが、コメントで、このレポジトリの追加は必要ないとの指摘があり、実際にやってみると、レポジトリの追加なしでインストールできた。

よって、以下の1行でインストールが完了することになる。

$ sudo apt-get install ubuntuone-client ubuntuone-control-panel ubuntuone-client-proxy ubuntuone-control-panel-qt

インストール後は、続けて端末から次の一行を打ち込むか又はスタートメニューからUbuntu Oneを選択する。

$ ubuntuone-control-panel-qt

Ubuntu Oneの設定ウィンドウが開くので、すでにUbuntu Oneのアカウントを持っている人は、「既存のアカウントでサインイン」ボタンをクリック。それ以外の人は「まだアカウントを持っていません。サインアップする」ボタンを選択する。
Continue Reading…

Xmarks問題でFirefoxとChromeについて考えてみた

パスワード同期サービスの「LastPass」がXmarksのサービスを継承するという記事があった。これで、Xmarksの代替サービスを探す必要はなくなりそう。

「LastPass」が「Xmarks」のサービスを継承。サービス存続が確定的に。

FirefoxやChromeにBookmark同期機能が組み込まれてしまった以上、Xmarksのサービスそのものは、かつてのように重要ではなくなっているのは確かだが、私のように、FirefoxとChromeを切り替えて使っているユーザーには、Xmarksは今でも重要なアイテムのひとつ。

今回のXmarks問題で、そろそろメインで使うブラウザをFirefoxとChromeのどちらかに決めなければならないと考えさせられた結果、Firefoxで使っている拡張機能と同等のものがChromeにもあるかどうか調べてみたのだが、想像していた以上に使えそうなものが多かった。 Continue Reading…

Xmarksサービス終了に対する対策

Xmarksは今年いっぱいでサービスを終了すると発表していたが、最近になって、同社を買収してサービスの継続を申し出る会社が現れたというニュースも流れていて、今後どうなるかは予断を許さない。

Xmarksが提供してきたブラウザのブックマーク同期サービスは、今ではFirefoxやGoogle Chromeが標準で装備するようになったが、異なるブラウザ間でブックマークを同期できるという点や履歴データやクッキー、パスワードまで同期できるという点では、Xmarksが一歩も二歩も先を行っている。

できることなら、サービス継続を望みたいのだが、もしそれができなかったときのために、そろそろ準備をはじめておかなければならないかもしれない。次の記事にはXmarksにかわるブックマーク同期サービスが紹介されている。

Xmarksにかわるブックマーク同期サービス10

なお、上記の記事では触れられていないが、Ubuntu 10.10では、Ubuntu OneでもFirefoxのブックマーク同期ができるようになっている。

Google AppsのためのDNS設定(EveryDNS編)

激安のドメイン管理会社でも細やかなDNS設定ができるというのは、今や当たり前となったが、つい最近までは、DNS設定はできないという会社も結構多かったのだ。そんなとき、頼りになったのが、フリーのDNSサーバーだった。

個人的には、EveryDNSという無料サーバーが気に入っていたのだが、今年初めに、DynDNSから買収されてしまった。既存のユーザーには、今でもサービスが提供されているが、新規の登録はできなくなっている。

本日、久しぶりに、EveryDNSのサイトを訪ねてみると、以前仕事で、ある会社のためにセットしたGoogle Appsの設定が残ったままになっていた。

Google Apps導入を見当するために作ったお試しアカウントだったが、Google Appsに関する部分だけなら、今でも使えそうな気がする。ドメインのhoge.jpやIPアドレスはダミーだが、その他の設定はすべて実際に使ったものだ。
Continue Reading…

Facebook的なブログサービスVoxが終了

先進的でユニークな機能を持つブログサービスVoxが2010年10月1日早朝をもってサービス終了となることが2010年09月03日付けで発表されていた。

Voxは、Movable Typeの開発元のSix Apartが提供するサービスで、ひと言でいうと、従来のブログにFacebook的な公開レベル設定機能を持たせたブログサービスだ。

私にとってVoxサービスは、自分で積極的に利用するというより、人から「手軽にブログを始めたいんだけど」と問われたときにお薦めしていたブログサービスのひとつだった。

時代の趨勢として、TwitterやFacebookといったSNS系のサービスに人気が集中していたことや、ブログサービス自体が乱立気味だったことなどで、サービスの継続が困難になったのかもしれないが、Voxの果敢な挑戦は大いに評価されるべきだと思う。

なお、個人向けTypePadへの引越し機能やフォト・ムービーをFlickrへ移行する機能のほか、WordPress.comへ移行するツールも用されているようだ。

詳細はこちらにて


Google Analyticsに緊急避難

WordPress.com Statsが使えない状態が続いているので、本日、
Google Analyticsに緊急避難。このサイトだけでなく、Drupal分室もいっしょに登録した。

これから、分室を作っていくとなると、かえってGoogle Analyticsの方が便利かとも思ったが、やはり、個別記事へのアクセスまで分析してくれるWordPress.com Statsにはかなわない。早く復旧してほしい。

ところで、Contact Support宛に英語で状況を送っても何の返答もなかったが、本日Twitter上でつぶやいたら、日本語の通じる窓口のメールアドレスを取得できた。改めてTwitterの威力を実感することになった。

天下無敵のストレージサービスDropbox

UbuntuとWindowsのダブルブート体制になって、Dropboxの利便性が際立っています。唯一の欠点といえば、英語で設定しなければならないということくらいです。といっても、特別に難解な英語というわけでもありませんし、一旦設定が終わってしまえば、ひとつのハードディスクを扱うような使用感ですから、挑戦する価値は十分にあると思います。

というわけで、Dropboxのアカウント作成からインストールまで、以下に簡単にまとめてみました。

アカウントの作成

先ずは、Dropboxのホームページ にアクセスしてアカウントを作成します。

Dropbox1

上記の画面で入力しなければならないのは次の四つです。

First name : 名
Last name : 姓
Email : 電子メールアドレス
Password : パスワード

入力が終わったら、「Create account」ボタンを押します。

Dropbox2

上記場面で、「ファイルを保存」ボタンを押せば、ダウンロードが開始となります。

まるでハードディスクを扱うように

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストールが開始されます。電子メールとパスワードを求められるので、アカウントを作成したときのものを入力します。インストールが終わると、Windowsの場合は、ツールバーの右下、Ubuntuの場合は、右上のツールバーにDropboxアイコンが現れますので、これをダブルクリックします。

My Dropboxというフォルダが開きます。恐らく、通常のフォルダと何ら変わらないと思います。唯一の違いは、フォルダやファイルにチェックマークがついていることぐらいです。

無料ストレージサービスの中では、例えばSkydrive25GBやファイルバンク100GBなどと比べると、Dropboxの場合は、デフォルトで2GBですから、いかにも少ないのですが、その使い勝手は、まるで、ひとつのハードディスクです。

ここがDropboxの最大の魅力です。iPhoneユーザーやLinuxユーザー、複数のPCを使うユーザーには必須と言ってよいでしょう。また、写真や文書、ビデオ、音声ファイルなどを特定の個人と共有したいという場合にも、その圧倒的な使い易さは、群を抜いています。

容量が足りないという方には、50GBと100GBの有料サービスもありますし、いくつかの要件(友達紹介により双方に500MB増量など)を満たせばみたせば無料で16GBまで増量してもらえます。

WPtouch iPhone ThemeとDropbox

WPtouch iPhone Themeがバージョンアップ。バージョン1.911へ。


WordPressのiアプリのスクリーンショットが、Evernoteに入れっぱなしなっていたので、ついでに掲載します。ちなみに、iPhone 3Gでのスクリーンショットの撮り方は、ホームボタンを押しながらスリープボタンを押すです。


なお、Ubuntuで作業することが多くなって、Evernote派からDropbox派に変わりつつあります。iPhone上ではまだまだEvernoteが便利ですが、Linux上になると俄然Dropboxが便利になります。Ubuntu用のパッケージもあるので、インストールも至って簡単です。