DebianベースのBunsenLabs LinuxにGNOME 3をイントールしてみた

DebianベースのBunsenLabs Linux端末から次のコマンドを実行して、デスクトップ環境のGNOME 3をインストールしてみた。

$ sudo apt-get install task-gnome-desktop --no-install-recommends

途中、ディスプレイマネジャーをGDMにするかLightDMにするかと問われるが、特にこだわりがなければ、デフォルトのLightDMを選択。

再起動後、ログイン画面の右上の右から2番めアイコンをクリックし、プルダウンメニューからGNOMEを選択してログイン。予想通り、そこには、Debian 8の世界が広がっていた。

gnome3onbunsen03

意外に新鮮なGNOME 3のUI

BunsenLabs Linuxについては、過去記事を参考にしてもらうとして、GNOME 3についていうと、Macライクでもなく、WindowsライクでもないGNOME 3独自のUIも、馴れてくるとなかなか使い勝手がよい。また、ログイン時にGNOMEクラシックを選択すれば、GNOME 2に近いUIを選択することもできる。

さらに、Tweak Tookを使えば、フォントやアイコンを自分好みのものに手軽に変更できる。

なお、この記事は、BunsenLabs Linuxをメインで使いつつ、ときどきデスクトップ環境をGNOME 3に切り替えて使いたいという人のためのソリューションなので、素直にDebianでGNOME 3を試したいという人は、Debianの公式サイトからインストールイメージをダウンロードして、インストールの際に、デフォルトのデスクトップ環境にGNOME 3を選択するのもよいだろう。

もちろん、Debianにこだわらなくても、RedHat系のFedoraCentOSでもインストール時に、デスクトップ環境にGNOME 3を選択できる。VirtualBoxにCentOS 7をインストールした過去記事もあるのでどうぞ。

クールな軽量Linuxディストロ/BunsenLabs Linuxのお試し環境を作ってみた

BunsenLabs Linuxは、昨年2月に開発中止となったLinuxディストロCrunchBangを引き継いて開発が続けられ、今年4月29日にバージョンHydrogenが正式リリースされた。

BunsenLabsLinux_Inst01

デスクトップ環境は、ウィンドウマネージャーのOpenBox上に構築されている。

WindowsやMacに追いつけ追い越せとばかり、高機能なデスクトップ環境を持つLinuxディストロが人気を博している昨今、BunsenLabs Linuxのデスクトップ環境は、どちらかといえば地味な部類に入るのだろうが、実際に使ってみると、スクリーンショットで見るより、遥かにカッコイイ。

また、Debian 8 jessieをベースとしているということもあり、引退したPCを復活させるための軽量Linuxディストロとしても、一役買ってくれそうな気がする。

BunsenLabs LinuxをCD/DVD/USBドライブからのインストール

BunsenLabs Linuxのインストールに関して、最も簡単で確実な方法は、本家サイトのインストレーションページに行って、isoイメージをダウンロードし、これをCD/DVD/USBドライブに焼付け、インストールディスクを作る方法だろう。

BunsenLabsLinux_Inst02

bl-Hydrogen-i386+NonPAE_20160710.isoが、PAE非対応のPCに対するisoイメージ。これら3つのisoイメージから自分の環境に合ったものをダウンロードする。

インストールはDebian 8そのもの

先ずは、インストールディスクからPCを立ち上げる。

BunsenLabsLinux_Inst03
Continue Reading…