Linux Mint 16にUbuntu Oneをセットアップしてみた

Ubuntu Oneは、その名のとおり、LinuxディストリビューションのひとつUbuntuユーザーに提供されたオンラインストレージサービスだ。早い段階でWindwosやiPhone、Androidに対応しており、最近ではMac OS Xにも対応している。

オンラインストレージサービスとしては、Dropboxの方がはるかに有名だが、登録時に無料で付与されるストレージスペースについていえば、Dropboxが2GBなのに対して、Ubuntu Oneの場合は、5GBということで、なかなか健闘している。

本来、このサービス、Ubuntuユーザー向けだが、Ubuntu以外のディストリビューション(といってもUbuntuベースだが)でも利用できるらしいので、Linux Mint 16 CinnamonやXfceにお試しセットアップしてみた。

Ubuntu Oneのセットアップ

参考にしたブログ記事は次のとおりで、タイトルは、Linux Mint 15となっているが、Linux Mint 16 CinnamonやXfceでも問題なくセットアップできた。

なお、このブログでは、レポジトリにnoobslabを追加することになっているが、コメントで、このレポジトリの追加は必要ないとの指摘があり、実際にやってみると、レポジトリの追加なしでインストールできた。

よって、以下の1行でインストールが完了することになる。

$ sudo apt-get install ubuntuone-client ubuntuone-control-panel ubuntuone-client-proxy ubuntuone-control-panel-qt

インストール後は、続けて端末から次の一行を打ち込むか又はスタートメニューからUbuntu Oneを選択する。

$ ubuntuone-control-panel-qt

Ubuntu Oneの設定ウィンドウが開くので、すでにUbuntu Oneのアカウントを持っている人は、「既存のアカウントでサインイン」ボタンをクリック。それ以外の人は「まだアカウントを持っていません。サインアップする」ボタンを選択する。
Continue Reading…

天下無敵のストレージサービスDropbox

UbuntuとWindowsのダブルブート体制になって、Dropboxの利便性が際立っています。唯一の欠点といえば、英語で設定しなければならないということくらいです。といっても、特別に難解な英語というわけでもありませんし、一旦設定が終わってしまえば、ひとつのハードディスクを扱うような使用感ですから、挑戦する価値は十分にあると思います。

というわけで、Dropboxのアカウント作成からインストールまで、以下に簡単にまとめてみました。

アカウントの作成

先ずは、Dropboxのホームページ にアクセスしてアカウントを作成します。

Dropbox1

上記の画面で入力しなければならないのは次の四つです。

First name : 名
Last name : 姓
Email : 電子メールアドレス
Password : パスワード

入力が終わったら、「Create account」ボタンを押します。

Dropbox2

上記場面で、「ファイルを保存」ボタンを押せば、ダウンロードが開始となります。

まるでハードディスクを扱うように

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストールが開始されます。電子メールとパスワードを求められるので、アカウントを作成したときのものを入力します。インストールが終わると、Windowsの場合は、ツールバーの右下、Ubuntuの場合は、右上のツールバーにDropboxアイコンが現れますので、これをダブルクリックします。

My Dropboxというフォルダが開きます。恐らく、通常のフォルダと何ら変わらないと思います。唯一の違いは、フォルダやファイルにチェックマークがついていることぐらいです。

無料ストレージサービスの中では、例えばSkydrive25GBやファイルバンク100GBなどと比べると、Dropboxの場合は、デフォルトで2GBですから、いかにも少ないのですが、その使い勝手は、まるで、ひとつのハードディスクです。

ここがDropboxの最大の魅力です。iPhoneユーザーやLinuxユーザー、複数のPCを使うユーザーには必須と言ってよいでしょう。また、写真や文書、ビデオ、音声ファイルなどを特定の個人と共有したいという場合にも、その圧倒的な使い易さは、群を抜いています。

容量が足りないという方には、50GBと100GBの有料サービスもありますし、いくつかの要件(友達紹介により双方に500MB増量など)を満たせばみたせば無料で16GBまで増量してもらえます。

WPtouch iPhone ThemeとDropbox

WPtouch iPhone Themeがバージョンアップ。バージョン1.911へ。


WordPressのiアプリのスクリーンショットが、Evernoteに入れっぱなしなっていたので、ついでに掲載します。ちなみに、iPhone 3Gでのスクリーンショットの撮り方は、ホームボタンを押しながらスリープボタンを押すです。


なお、Ubuntuで作業することが多くなって、Evernote派からDropbox派に変わりつつあります。iPhone上ではまだまだEvernoteが便利ですが、Linux上になると俄然Dropboxが便利になります。Ubuntu用のパッケージもあるので、インストールも至って簡単です。