Concrete5はポストWordPressの有力候補なのか

今月初めに、「博多TECH塾」のConcrete5勉強会に参加させてもらったので、復習を兼ねてConcrete5のインストールや初期設定などをまとめてみた。

インストールを始める前に

先ずは、Concrete5をインストールするローカル観葉やレンタルサーバーを準備しておく。ローカル環境であれば、予めMAMPXAMPPなどをセットアップする。Concrete5用のデータベースを用意することも必要。

続いて、Concrete5の公式日本語サイトから、最新版 のzipファイルをダウンロードし、これを解凍。FTPクライアントなどを使って解凍したフォルダをドキュメントルートにアップロードする。

ここで、ブラウザからアップロードしたファイルにアクセスすれば、インストール開始となる。

Concrete5Inst01

なお、さくらのレンタルサーバー(スタンダード)の場合は、php.iniファイルに、次のような記述をしておく必要がある。

cgi.fix_pathinfo=1
default_charaset = UTF8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output =  UTF-8
iconv.input_encoding = UTF-8
iconv.internal_encoding = UTF-8
iconv.output_encoding = UTF-8
date.timezone = "Asia/Tokyo"

さくらのコントロールパネルにログインして、左サイトバーにある項目「PHP設定の編集」をクリックすると、php.iniファイル編集ツールの画面に切り替わる。

Concrete5Inst_Sakura

先ほどの記述をコピペして、最後に「保存する」ボタンをクリックすれば書き込み作業は完了。
Continue Reading…

SilexベースのBolt CMSをさくらのVPSで試してみた

BoltCMS01

Bolt CMSは、PHPフレームワークのSilexをベースに開発されているCMSだ。

Silexは、Symfony2の開発者Fabien氏が、21個のSymfony2コンポーネット中から10個を厳選して作られたマイクロフレームワークだが、Bolt CMSには、これらのコンポーネントにORマッパーのDoctrine2やテンプレートエンジンのTwig等のライブラリなどが追加されている。

日本語の情報も少なく、管理画面も日本語化されていないということで、現時点では決して万人向けとは言えないが、着実にバージョンアップが重ねられており、これからの進化に期待できそうだ。
Continue Reading…

Drupal7でクリーンURLを有効にする

さくらのVPS上で、Drupal7のお試しサイトを弄っているとき、クリーンURLが有効になっていないことに気がついたので、設定してみた。

管理メニューから環境設定→クリーンURLをクリックしたが、いつもの「クリーンURLを有効にする」チェックボックスが現れない。「設定を保存」ボタンのラベルが、「クリーンURLテストの実行」になっているので、取り敢えずこのボタンを押してテストを実行してみたが失敗した。

CleanURLsTest

クリーンURLを有効にするための3つのチェックポイント

クリーンURLの設定というのは、WordPressでいえばパーマリンク設定に当たり、例えばwww.hogehoge.jp/?q=userというURLがwww.hogehoge.jp/userという風に読みやすいURLに変換することをいう。これらの機能は、Apacheのmod_rewriteが有効になっていることが前提となる。そこで、先ずは、次の3点から確認してみた。

  1. mod_rewriteが有効になっていなければ端末から次のコマンドを実行
    $ sudo a2enmod rewrite
    
  2. .htaccessファイル中の次の4行がコメントアウトになっていないかを確認。
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/favicon.ico
    RewriteRule ^ index.php [L]
    
  3. モジュール管理画面で、Pathモジュールのチェックボックスが外れていないかどうかの確認。

Continue Reading…

Drupal 7.20にアップグレード後に表示される警告への対処法

Drupal 7.19から7.20へアップグレードしたとき、モジュール管理画面で、次のような警告が表示されるので、対処法を探してみた。

DrupalModuleError

Notice: Undefined index: distribution_name drupal_install_profile_distribution_name()でググって得た情報をいろいろ試してみた結果、スペインのDrupal Developer(英語版)の情報が一番的確だった。その手順は、以下のとおり。

先ずは、Drupal側の警告で指摘されているincludesフォルダ内のinstall.incファイルをテキストエディタで開き、207行目を探す。

return $info['distribution_name'];

上記の行を、次のように書き換えると警告は表示されなくなる。

if ( ! array_key_exists('distribution_name', $info)) $info['distribution_name'] = 'Drupal';
return $info['distribution_name']; 

この警告にお悩みの方は、お試しあれ。

汎用CMSとフレームワークの狭間で吠えるWolf CMS

Ruby on Rails上に構築されたRadiant CMSをご存じだろうか?PHPの世界では、あまり知られていないかもしれないが、Rubyの世界では誰もが知っているCMSのひとつだ。

デモサイトなどで管理画面に入ってもらうと、Radiant CMSが、恐ろしくシンプルな作りになっているのが分かる。

操作の感覚は、フレームワークを使ってサイトを構築している感じに近い。高度な機能をプラグインひとつで実現できてしまうWordPressやDrupalのようなCMSとは真逆のコンセプトとなっている。

Radiant CMSのPHP版クローンFrog CMSとWolf CMS

実は、このRadiant CMSには、Frog CMSというPHP版のクローンが存在する。さらにこのFrog CMSからフォークして誕生したのが、Wolf CMSだ。

上記は、Wolf CMSの管理画面だが、Radiant CMSと比較すると、同じコンセプトで設計されているということが見て取れる。ただ、Wolf CMSは、すでにRadiant CMSのPHP版クローンという範疇を越え、独自の進化の道を歩き始めている。
Continue Reading…

UbuntuサーバーにDrupal7.17をインストール

久しぶりに、Drupalをインストールしてみた。今年の3月、Drupalの次期バージョン8がPHPフレームワークSymfony2のコンポーネントを採用するという発表があり、バージョン8の動向が気になっているが、何しろ、Drupalの知識は、バージョン6.17で止まったままなので、先ずは、安定版のバージョン7系から再挑戦してみた。

インストールの準備

Drupalの公認日本サイトに行くと、本家のサイトのDrupal7.17ダウンロードページにリンクが貼られているので、先ずはここからダウンロード。

Download Drupal 7.17というボタンをクリックすると、ダウンロードが始まる。ダウンロードしたファイルを解凍して、レンタルサーバーのドキュメントルート(webとかhtml_publicとか)に適当な名前のフォルダ(例えばdrupalとか)を作り、そこにFTPクライアントなどを使ってアップロードする。
Continue Reading…

PHPフレームワークベースのBaserCMSとSeezooCMS

BaserCMSは、コーポレートサイトの制作にちょうどいいというキャッチフレーズで人気を集める国産CMS。中小規模のサイトを自力で構築して運営するために必要な最低限のものが揃っている。

個人的にも注目しているCMSなので、以前からUbuntuローカル環境などにインストールしていたが、先日、バージョンを1.6.12から1.6.13に上げた直後、News Releaseの記事のひとつをクリックすると、次のようなエラーメッセージが現れた。

このエラーメッセージは数時間後にフィックスされたが、この可読性の高いエラーメッセージこそ、このCMSがCakePHPというフレームワーク上に構築されているという証(ユーザーなら誰でも知っている事実だが…)だ。

BaserCMSのベースCakePHPとは

CakePHPは、Rubyフレームワークとして有名なRuby on Rails(RoR)から強い影響を受けたといわれており、RoRと同じMVCをベースとしたフレームワークだ。

MVCとは、プログラムの構成をModel(データ構造)、View(画面表示)、Controller(プログラム制御)の3つに整理する手法だが、門外漢の私がこれ以上偉そうに講釈するわけには行かないので、次のサイトを参考にしていただきたい。

さらに、フレームワークという概念そのものから理解したいという人は、次の書籍がお薦め。

上記の書籍は、PHPの基本が理解できていることが前提となっているが、これはあくまでもPHPの基本構文が理解できていれば十分に読みこなせると思う。

CodeIgniter上に構築されたSeezooCMS

PHPの世界には、CakePHP以外にもMVCアーキテクチャのフレームワークは存在する。例えば、大規模サイトで採用された実績を持つsymfonyやPHPの開発元が作ったZend Frameworkなどだ。こうしたなか、最近になってCodeIgniterというPHPフレームワークが注目を集めている。

CodeIgniterも基本的にはMVCアーキテクチャのフレームワークなのだが、パフォーマンス重視の方針から、厳格にはMVCの原則を守っていない。この辺りは、フレームワーク初心者にとってどうかという問題もあるが、これによって得られるスピードや柔軟性には捨てがたいものがあるようだ。

このパフォーマンス重視のPHPフレームワーク上に構築されたCMSが、SeezooCMSで、直感的な操作で初心者にもやさしい設計になっている。

今はまだF1エンジンを搭載した軽自動車だが

というわけで、CakePHPにはBaserCMS、CodeIgniterにはSeezooCMSと、PHPフレームワークにCMSを構築するという発想がカタチとなっているわけで。これが世界的な潮流になるかどうかはまだ分からないが、個人的には、多言語対応して逆輸出したら面白いとも思っている。

ただ、もともと、MVCに基づくフレームワークというのは、大規模な開発において威力を発揮するといわれているので、現時点では、既存のCMSが用意する関数やタグを利用した方が、小回りが効く開発ができるだろう。

その意味では、フレームワーク上に構築されたCMSというのは、F1エンジンを搭載した軽自動車が公道を走っているようなものなのだが、それでも、こうしたCMSのポテンシャルはとてつもなく高く、今後の展開次第によっては、新しい潮流を生み出す可能性を秘めている。

ドメインキングでbaserCMSに再挑戦

前回11月19日に、「ドメインキングのディスク容量2倍は嬉しいけれど」という記事のなかで、ドメインキングにBaserCMSをインストールしようとして500 internal server errorが出たと書いのだが、その後、サポートにメールしてみると、mod_rewriteは使えるとの回答。さらに、BaserCMSからドメインキングでの動作を確認したという発表があった。

というわけで、さっそく記事の一部は修正したものの、なかなか時間が取れなくて、自分では確認できないままの状態が続いていた。今夜何とか挑戦できたので、以下簡単なレポート。 Continue Reading…

クラウド時代のサイト構築サービスJimdo

以前から気になっていたオンラインサービスのひとつにJimdoがある。Jimdoのサイトでは、自身をオンラインホームページ作成ソフトと称しているようだが、CMSとしても高く評価できそうだ。

詳細についてはビデオで説明されているが、すべてがオンライン上で完結できる仕組みは画期的だ。

無料アカウントの作成

Jimdoには、2つのプランが用意されていて、うち、ひとつが無料で利用できる。無料アカウントではできないことは次のとおり。

  • 独自ドメインでの運用
  • 独自メールアカウント及び転送メールアドレスの設定
  • プレミアムデザイン等の利用
  • 広告の非表示
  • メールマガジン
  • オリジナルロゴの利用
  • アクセス解析
  • ログインのリンクを非表示にする
  • メタタグの利用

上記の他に、無料アカウントの場合、ショッピングカートは5商品までという制限があり、売上に対して販売手数料として10%が徴収される。

無料アカウントは、あくまでも有料アカウントにアップグレードする前のお試しアカウントという位置づけだろうが、それでも、工夫すれば小規模ビジネスのサイト管理にも充分に使える内容となっている。 Continue Reading…

Geeklog分室での作業とNamazuのインストール

このところ、Geeklog分室でWordPressで使っているツールを立て続けにセットアップした。先日は、SyntaxHighlighterとLightbox2、本日はAddtoanyという具合だ。

WordPressではプラグインというかたちで提供されているので、ボタンひとつでインストールが完了してしまう。これに対してGeeklogの方は、基本的に手作業なのだが、ファイル構成もシンプルで、しかも、HTMLとプログラムコードが完全に分離されているので、思ったほど時間はかからなかった。

どちらが優れているかというよりも、それぞれにスタンスの違いがあって、おもしろい。

また、本日思うところあって、Ubuntuに全文検索ツールのNamazuをインストールしてみた。参考になるサイトもみつかり、次のようにコマンドを打ち込んで、インストールを完了させた。

$ sudo apt-get install namazu2
$ sudo apt-get install namazu2-index-tools
$ sudo apt-get install kakasi
$ sudo apt-get install libtext-kakasi-perl
$ sudo apt-get install nkf
$ sudo apt-get install libnkf-perl

ところが、最終テストの段階で動かない。あれこれやってみたのだが、どうもcgiの設定がおかしいような気がする。apacheのcgiの設定を変えると、このPCにお試しインストールしているCMSツールに影響がでそうなので、本日の作業はここまで。