カスペルスキーはWindows界で最強のセキュリティソフトなのか

最近は、インターネットの世界もますます物騒な時代になっていて、特にWinodowsでインターネットに接続する場合、Microsoftが無料で提供するマルウェア対策ソフトWindows Defender (Windows7の場合はMicrosoft Security Essential)だけでは、危ないというのはもはや常識となりつつある。

となると、次にセキュリティソフトに何を選べばよいかということが問題になる。ところが、これがなかなか難しい。無償のものから有償のものまで、多種多様な製品があり、それぞれの製品のホームページを訪ねても、どこもうちが一番だと謳っていて、その根拠もまちまちだ。

そこで、今回は、第三者機関による評価はどうなんだとうということで、セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手のひとつAV-TEST.orgの評価に、自分の経験と周囲の人々の評判などを加味して、年間ランキングを作ってみた。

2016年度セキュリティソフト年間ランキング(AV-TEST/Windows部門)

  1. カスペルスキー セキュリティ 2017
  2. ウイルスバスタークラウド
  3. スーパーセキュリティZERO (Bitdefender)
  4. Avira Antivirus Pro 2016
  5. ノートン セキュリティ
  6. Quick Heal Total Security 17.0
  7. Avast Free AntiVirus 2016
  8. ESET Smart Security

上記の製品は、2016年度のTEST.orgの評価結果を基づき、上半期(4月発表)と下半期(10月発表)でTop Product(ベスト5)に選ばれたものを中心にセレクトされている。1位から4位の製品は上半期と下半期の両方で受賞したもの、5~6位はどちらかの期で受賞したものとなっている。


それぞれの順位は、AV-TESTの結果に、日本語サポートやコストパフォーマンス、実際に使用してみた感想、周囲の評判などを加味しているので、あくまでも参考程度と考えてほしい。特に、コストパフォーマンスについては、個人が使用するデバイスの状況(例えばPC一台だけなのかスマホもあるのかなど)や契約年数、キャンペーンなどによっても違ってくるので、それぞれのホームページで確認してもらいたい。

カスペルスキーが順当に首位、ノートンとESETは意外な結果に

ネット上でも評価の高いカスペルスキーが首位というのは、ある意味順当だろう。内容的にもProtection(防護力)、Performance(軽さ)、Usability(使いやすさ)の3部門でまんべんなく高評価を獲得している。

先日も、ある日突然インターネットに繋がらなくなったというWindows10搭載のノートPCが持ち込まれてきたので、内臓HDD取り出し、カスペルスキーがインストールされているデスクトップPCに繋いでスキャンしてみたところ、不審な動きをするAdwareを発見。これを隔離したら、見事に問題が解決した。


Continue Reading…