Facebook的なブログサービスVoxが終了

先進的でユニークな機能を持つブログサービスVoxが2010年10月1日早朝をもってサービス終了となることが2010年09月03日付けで発表されていた。

Voxは、Movable Typeの開発元のSix Apartが提供するサービスで、ひと言でいうと、従来のブログにFacebook的な公開レベル設定機能を持たせたブログサービスだ。

私にとってVoxサービスは、自分で積極的に利用するというより、人から「手軽にブログを始めたいんだけど」と問われたときにお薦めしていたブログサービスのひとつだった。

時代の趨勢として、TwitterやFacebookといったSNS系のサービスに人気が集中していたことや、ブログサービス自体が乱立気味だったことなどで、サービスの継続が困難になったのかもしれないが、Voxの果敢な挑戦は大いに評価されるべきだと思う。

なお、個人向けTypePadへの引越し機能やフォト・ムービーをFlickrへ移行する機能のほか、WordPress.comへ移行するツールも用されているようだ。

詳細はこちらにて


WordPress.comから始めよう

これからWordPressでブログを書こうという人や他のブログサービスからWordPressに引っ越して来る人には、レンタルサーバーを借りるより、WordPress.comから始めた方がよい場合がある。その理由は次の5つだ。

  1. 無料で始められること
  2. 広告表示はあるというがほとんど気にならないこと
  3. 有料オプションがきめ細かなこと
  4. コントロールパネルがデフォルトの状態に近いこと
  5. 投稿とコメントをXML形式でエクスポートできること

1番については、ブログサービスでは無料はある意味当たり前と思われるかもしれないが、とても重要なことだ。さらに、2番との組み合わせになると、俄然その価値は上がる。

ほとんど広告非表示なのに無料

例えば、Jugemでは、広告表示を消したい人は、Jugem Plusというサービスがあって、月々315円だ。もちろん、この315円には広告非表示だけでなく、容量の増量や独自ドメイン対応(ドメイン管理料は別途必要)など、ほかのサービスも含まれている。WordPressの場合も、広告を完全非表示にするためのオプションがあって、年間29.97ドルだが、このオプションを申し込まなくても、ほとんど広告は出ない。これは、WordPress.comが「無料サービスを維持するために必要な最小限の広告」という方針で広告表示しているからだ。 Continue Reading…