Linux Mint 17.2へのアップグレード手順

Linux Mint 17.2がリリーズされ、LinuxMint公式サイトに17.1からのアップグレード手順が発表されたので、さっそく挑戦してみた。

アップグレードの手順

構築している環境によっては、アップグレードによって、動作がおかしくなるというリスクもあるので、先ずは、作業前にデータのバックアップを取っておく。

次に、メニュー→システム管理→アップデートマネージャを起動して、更新ボタンをクリックする。mintupdateというパッケージ名にチェックが入っていることを確認して、「アップデートをインストール」ボタンをクリックする。続いて、mint-update-infoが表示されるので、同じ要領で「アップデートをインストール」ボタンをクリック。

LinuxMint17_2Upgrade01

LinuxMint17_2Upgrade02

上記の手順を「このシステムは最新の状態です」という表示が出るまで続けると、アップデートマネージャの編集メニューに「Upgrade to 17.2 Rafaela」という項目が現れる。

LinuxMint17_2Upgrade03

LinuxMint17_2Upgrade04

Continue Reading…

年代物のMacBookでトリプルブートPCを作ってみた

昨年の9月、知人から譲り受けたMacBook(Mid 2007)ブラックモデルにメモリを増設し、HDDを交換などして、Mac OS X、Windows7、Linux MintのトリプルブートPCを作ってみた。

macbook00

以下、その手順。

Linux Mint用をパーテション領域を用意

  1. HDDを交換後、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール。
  2. Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押しながらMacBookを立ち上げる。
  3. 矢印キーでEFI Bootという項目を選択してエンターキーを押す
  4. Live CD/DVDで立ち上がったら、Gpartedを使い、Mac OS Xの後ろにLinux用の空き領域(100GBほど)を作る。

Boot Campを使ってWindows7をインストール

Linux用の空き領域が確保できたら、MacBookを再起動。Mac OS X上でBoot Campを使い、Windwos7をインストールする。

なお、このMacBookはMac OS X Snow Leopardまでしか対応していないので、Boot CampでインストールできるのはWindwos7まで。

Boot Campの使い方は、アップルの公式サイトにもあるが、個人的にはこの記事が分かりやすい(かつ共感するところもある)と思う。

Linux Mintのインストール

続いて、Linux Mintのインストール用Live CD/DVDをセットし、Ctrlキーを押したまま、MacBookを再起動する。選択画面でEFI Bootを選択。Live CD/DVDでMacBookを立ち上がったら、デスクトップ上のインストールアイコンをクリックして、Linux Mintをインストールする。

Linux Mintの具体的なインストール方法は、過去記事「Linux Mint Debian Edition 201403のインストールと日本語化」や「Linux Mint 16 Xfceのインストールと日本語化」などを参考にしていただきたい。
Continue Reading…

DebianベースになったwattOS R8のお試しインストール

超軽量LinuxデイストロwattOSの最新版R8がリリースされた。今回のバージョンでは、UbuntuベースからDebianベースのLinuxディストロに生まれ変わっている。

デスクトップ環境によって、LXDE版、MATE版、Microwatt(軽量XウィンドウシステムOpenboxを採用)の3種類が提供され、それぞれに32bit版と64bit版のCD/DVDイメージ(Microwattは32bit版のみ)がある。バリエーションはこれまでどおり。

MATEデスクトップ版のインストール

さっそく、wattOSの公式サイトからCD/DVDイメージをダウンロードして、これでインストールCD/DVDを作成する。今回は、自宅で使っているデスクトップPCへのインストールだったので、MATEデスクトップの64bit版を選択した。

wattosR8-00
wattosR8-02

インストールCD/DVDでPCを立ち上げ、Liveを選択。デスクトップ画面が現れたら、Install wattOSアイコンをダブルクリック。

wattosR8-03
wattosR8-04

先ずは、言語の選択と時間設定。
Continue Reading…

Linux Mint Debian Edition 201403のインストールと日本語化

Linux Mint Debian Edition(略称LMDE)は、UbuntuベースのMint LinuxをDebian Testingベースに置き換えたディストリビューションだ。最新版のLinux Mint Debian Edition 201403がリリースされているようなので、新しいデスクトップPCにお試しインストールしてみた。

DVDイメージのダウンロードからインストールまで

先ずはLinux Mintの公式サイトに行って、自分の環境に適したDVDイメージをダウンロードする。Linux Mint Debianにはデスクトップ環境によってCinamon版とMATE版が用意されていて、それぞれに32bit版と64bit版がある。

自分の環境に適したDVDイメージをダウンロードしたら、LinuxであればBraseroやWindowsであればCDBurnerXPなど、使い慣れたDVDバーナーソフトで、インストール用DVDを作成して、これでPCを立ち上げる。

LMDE201403MATE_Inst01

デスクトップ上にあるInstall Mint Linuxアイコンをダブルクリックするとインストールが始まる。

LMDE201403MATE_Inst02
LMDE201403MATE_Inst03

最初は言語選択。ここで日本語を選択すれば、そこから先はすべて日本語の説明となる。「進む」ボタンを押すと、次はタイムゾーンの設定となる。

LMDE201403MATE_Inst04
LMDE201403MATE_Inst05

続いて、キーボードの設定、ユーザーアカウントの設定と進む。
Continue Reading…