sbtによるPlya Flamework 2.7.3のセットアップとSDKMANによるJAVA環境の構築

Paly Flameworkのセットアップは、バージョン2.3.xから2.4.xまでTypesafe社(2016年にLightbendへ社名変更)のActivatorによって行うことが推奨されていたが、このツールは、2017年5月に姿を消し、バージョン2.5以降は、sbtコマンドを使うことになった。

といっても、そもそもActivatorのバックエンドで働いていたのは、sbtなので、セットアップの流れはほとんど何も変わっていなかった。

使用する言語にJavaを選択する場合は次のとおり。

$ sbt new playframework/play-java-seed.g8

使用する言語にScalaを選択する場合は次のとおり。

$ sbt new playframework/play-scala-seed.g8

SDKMANによるJDKとsbtのインストール

ということで、JDKとsbtさえ準備できれば、Play Frameworkの最新版2.7.3のセットアップはこれまでどおりできるということになる。

ただ、sbtの公式ページのドキュメント読んでみると、LinuxへのsbtとJDKのストールには、SDKMANを使うことが推奨されている。

そこで、標準レポジトリからインストールしたopenjdk-11-jreをいったんアンインストールして、SDKMANのインストールから始めてみた。

SDKMAN(Software Development Kit MANager)とは、JAVAのパッケージ管理ソフトだ。元々は、RubyのrbenvやRVMなどに触発されて開発されたソフトで、複数バージョンのJAVAの管理(jenvと.java-versionファイルにより)も行える。

SDKMANのインストールは次のとおり。

$ curl -s get.sdkman.io | bash 

これで、新たにターミナルを立ち上げると、sdkコマンドが使えるようになっている筈だ。試しに以下のコマンドを打ち込んでみる。

$ sdk list

これで、sdkコマンドでインストールできるソフトがリスト表示されれば、インストールは成功。

リストには、JAVAやstb以外にも、ScalaやKotlin、Grailsなど、お馴染みのプログラム言語やフレームワークがあることが確認できる。

続いて、次のコマンドでインストール可能なJAVAのバージョンを確認する。

$ sdk list java

UbuntuやDebianなど、主なLinuxの標準リポジトリにあるopenJDKは、上記のリストのなかの、AdoptOpenJDKに該当する。

最近、OracleがJAVAの有償化を打ち出して話題になったのは、あくまでもOracle JDK(オラクル社独自の拡張機能があるもの)であって、このリストにあるOpen JDKのほとんどは、基本的に無償で利用できる。

特に、このAdoptOpenJDKは、IBMやMicrosoft Azure等がサポートもしっかりしていて、LTS (Long Term Support)のバージョン11については、4年間の無償サポートが受けられることになっている。

ということで、今回は11.0.4.j9-adptをインストールすることにする。

$ sdk install java 11.0.4.j9-adpt

最後に、sbtをインストールする。

$ sdk install sbt

SDKMANでインストールしたパッケージソフトのバージョンは、以下のコマンドで確認できる。

$ sdk current

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク