Drupalを6.17にバージョンアップ

本日、WordPress3.0の正式リリースに対する準備も完了して、少し余裕ができたので、Drupalのお試しサイトをバージョンアップ。

Drupal Japanに6.17へのバージョンアップの方法があるが、これを機会にデータベースをMySQLからPostgresSQLに切り替えたかったので、ゼロからインストールした。

お試しサイトは、コアサーバー上にあるので、Drupal JapanにチュートリアルXrea編を参照した。ポイントは、次の三つ。

  1. site/settings.phpのパーミッションを書き込み可能(666)にすること。
  2. site/default/file以下のフォルダのパーミッションを777にすること。
  3. .htaccessの最終行近くの#LayoutIgnoreURI * となっている行から # を削除。

なお、今回は前回のことがあるので、Linux上でファイルを解凍してアップロードした。Windowsからアップロードする場合は、Drupal Japanのチュートリアルどおり、コアサーバー又はXreaのファイルマネージャーを使った方が良いかもしれない。

インストール完了後、警告がでるが、指示どおり、site/settings.phpのパーミッションを書き込み禁止(444)にすれば良い。

バージョンアップしてみて、どことなく動作がキビキビしているように感じる。それがデーターベースをPostgresSQLにしたからかどうかは分からないが、何となく気持ちが良い。

今後は、単なるお試しサイトではなく、何かDrupalに関する記事を書いてみたいという気になったので、分室をつくってみた。

取り敢えず、DrupalのこととPostgreSQLのことでも書こうと思っている。