Windows 10上のUbuntu 18.04にRuby on Railsをセットアップしてみた

Windows 10上でLinuxを使うことができる、Windows Subsystem for Linux(以下WSL)が、昨年秋のFall Creators Updateでベータ版から正式版へと切り替わった。
これにより、WSLの利用に際して開発者モードを選択する必要もなくなり、誰でも手軽にWindows 10上でLinuxディストリビューションをお試しできる環境が整った。

ということで、Windows 10上のUbuntu 18.04に、Ruby on Railsの開発環境を構築してみた。

WSL(Windows Subsytem for Linux)を有効化する

まず始めに、WSLを有効化する。
スタートメニューを右クリックして、「アプリと機能」を選択。関連設定のなかの「プログラムと機能」リンクをクリックする。

続いて、「プログラムと機能」ページで「Windowsの機能の有効化または無効化」リンクをクリック。

最後に、Windows Subsystem for Linuxにチェックが入っているかどうかを確認。チェックが入っていなければ、チェックを入れる。

ここまでできたら、Windowsストアに行き、Ubuntuの最新版18.04をインストールする。

なお、Windowsストアには、ひとつ前のバージョンUbuntu 16.04もあるし、DebianやopenSUSEなど、他のディストリビューションも用意されている。

rbenvでRuby環境を構築

複数バージョンのRubyを管理するため、rbenvとruby-build、ruby-gemsetをgitコマンドでインストールする。

$ sudo apt install git
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv 
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build  

続いて、bash_profileに追記して、パスを通す。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile 
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile 
$ source ~/.bash_profile

最後に、Rubyをビルドするためのツール、ライブラリをインストール。

$ sudo apt install -y autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm-dev 

さらに、Ubuntu 18.04では、sqlite3をビルドするために、次のライブラリが必要となる。

$ sudo apt install -y libsqlite3-dev 

ここまでできたら、次のコマンドで、rbenvでインストール可能なRubyのバージョンを確認。

$ rbenv install list  

最新版の2.5.1をインストールして、これを有効化。

$ rbenv install 2.5.1  
$ rbenv global 2.5.1

2.5.1が有効化されたことは次のコマンドで確認する。

$ ruby -v

Ruby on Railsのセットアップ

次に、Ruby on Railsの最新版をインストール。

$ gem install rails -v 5.2.0 --no-rdoc --no-ri

試しに新規プロジェクトhogeを作ってみる。

$ rails new hoge

プロジェクトが出来上がったら、hogeフォルダ内のGemfileをテキストエディタで開き、次の一行をアンコメント(行頭の#マークを外す)。

# gem 'mini_racer', platforms: :ruby

ここで、端末からbundle installコマンドを実行した後、続けてrails serverコマンドを実行。

$ bundle install
$ rails server

ブラウザでhttp://localhost:3000にアクセスして、次の画面が表示されれば、インスタールは成功。

Rubyのコンパイルなどに多少、時間はかかるものの、Railsの開発環境として、必要最小限のことはできるレベルにまでは到達している。

少なくとも、WindowsでRubyを使たければ、VirtualBoxやVmware PlayerにRubyを入れろという常識は、覆されたのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク