Linux Mint Debian 201109をクリーンインストール

Linux Mint Debian Edition 201109 GNOME32bit版のクリーンインストールに挑戦。インストール手順と日本語環境の構築は、以前書いた記事「Ubuntu11.04からLinux Mint Debian Editionへ」のとおり。



LMDE 201012に比べるインストーラーが改善されていて、起動時間等が短くなっている。ただし、日本語インプットメソッドについては、ibus + Anthyの組み合わせだと端末(gonme-terminal)で不具合が起こる。日本語も半角ローマ字も入力がおかしくなる。

組み合わせをSCIM + Anthyに変更しても、状況は変わらないが、端末を起動した直後にSCIMをオフにすれば、何とか半角ローマ字だけは入力できるようになった。ただ、これではあまりにも不便だと思ったので、最後に、UIM + Anthyの組み合わせを試してみたら、こちらはうまく行った。

synapticパッケージマネージャーやapt-getコマンドで、次の2つのパッケージを順番にインストールすれば。UIM + Anthyの組み合わせで日本語インプットメソッドの構築ができる。

$ sudo apt-get install uim
$ sudo apt-get install uim-anthy

なお、少し欲が出て、変換エンジンにMozcを追加してみたが、端末では何も起こらないものの、パッケージマネージャーの起動が異常に遅くなるという現象が起きた。どうもMozc変換サーバーとの相性に問題があるようだ。apt-getなどでuim-mozcを削除すれば、この問題は解決した。

Pack 3でkernel-3.0へアップグレード

インストールが完了したら、アップデートマネージャーによるパッケージの更新を行う。最初にmintupdate-debianのアップデートを行ういかどうか問われるので、アップデートを受け入れると、アップデートマネージャーが自動的に再起動する。

LMDE-UpdateManager

再起動後は約400個近いパッケージのアップデートが提示される。これには、LMDE Pack 3へのアップデートも含まれている。Pack 3には、セキュリティやマルチメディア関連のパッケージのアップデートとともに、Linuxの最新カーネルkernel 3.0へアップグレードが含まれる。

これらのアップデートを受け入れれば、後はしばらく待つだけだが、アップデート作業の途中で、次のようなエラーメッセージが出て、作業が中断される。

RemoveGstreamer

ここで一旦アップデートマネージャーを終了して、Synapticパッケージマネージャー又はapt-getコマンドなどで、gstreamer0.10-plugins-badとgstreamer0.10-plugins-really-badの2つを削除した後、アップデートマネージャーに戻れば問題は解決する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク