SilexベースのBolt CMSをさくらのVPSで試してみた

BoltCMS01

Bolt CMSは、PHPフレームワークのSilexをベースに開発されているCMSだ。

Silexは、Symfony2の開発者Fabien氏が、21個のSymfony2コンポーネット中から10個を厳選して作られたマイクロフレームワークだが、Bolt CMSには、これらのコンポーネントにORマッパーのDoctrine2やテンプレートエンジンのTwig等のライブラリなどが追加されている。

日本語の情報も少なく、管理画面も日本語化されていないということで、現時点では決して万人向けとは言えないが、着実にバージョンアップが重ねられており、これからの進化に期待できそうだ。

インストール前の準備

今回のインストール先は、さくらのVPSで、OSはUbuntuサーバー12.04で、sshを通じてコマンドラインが使える状態になっているとする。

なお、Bolt CMSの公式ドキュメントによれば、インストールには、PHP5.3.2以上が必要で、Webサーバソフトは、Mod_rewriteが有効化されたApache又はNginixが稼働していることが必須となるので、次のコマンドで、実行環境(Apache2を利用する場合)を整えておく。

$ sudo apt-get install apache2
$ sudo apt-get install php5 libapache2-mod-php5

さらに、データーベースとして、SQLiteとMySQL、PostgreSQLのいずれかが必要となるので、例えば、デフォルトとして設定されているSQLiteを利用するのであれば、次のコマンドを実行する。

$ sudo apt-get install sqlite3
$ sudo apt-get install php5-sqlite

続いて、ダミーコンテントの取得等のために、cURLもインストールしておく。

$ sudo apt-get install curl
$ sudo apt-get install php5-curl

最後に、Apacheを再起動すれば、これらの設定が反映される。

$ sudo service apache2 reload

3つのインストール方法

公式サイトでは、次の3つのインストール方法が紹介されいる。

  1. curlコマンドによるインストール
    $ curl -O http://bolt.cm/distribution/bolt_latest.tgz
    $ tar -xzf bolt_latest.tgz
    $ chmod -R 777 files/ app/database/ app/cache/ app/config/ theme/
    
  2. FTPクライアントによるインストール
    公式サイトからzip又はtgzで圧縮されたファイルをダウンロードする。これを解凍して、すべてのファイル(.htaccessを含めて)とをFTPクライアントにてサーバーにアップロード。最後に、filesフォルダ、app/databaseフォルダ、app/cacheフォルダ、app/configフォルダ themeフォルダに書き込み権限を与える。
  3. gitコマンドとcomposerによるインストール
    $ git clone git://github.com/bolt/bolt.git bolt
    $ cd bolt
    $ curl -s http://getcomposer.org/installer | php
    $ php composer.phar install
    $ chmod -R 777 files/ app/database/ app/cache/ app/config/ theme/
    

コマンドラインが使える環境であれば、やはり3番がお薦め。この方法だと、次のとおりコマンドラインから簡単にアップデートできる。

$ git pull
$ cd bolt
$ php composer.phar self-update
$ php composer.phar update

さらに、この方法には、一足先に最新版が手に入るというメリットもある。例えば、現時点で、公式サイトに置かれている最新バージョンのzipファイルやtgzファイルは1.1.2となっているが、gitコマンドとcomposerでインストールすると、1.1.3が手に入る。

Bolt CMSのセットアップ

ドキュメントルートへのインストールが完了したら、これにブラウザでアクセスする。

BoltCMS02

ユーザー登録画面に必要事項を入力して、保存すると、管理画面へのログインを促される。前の画面で設定したユーザー名とパスワードを入力してLog Onボタンをクリック。

BoltCMS03

最初にログインしたとき、ダミーコンテンツを導入するかどうか問われる。今回はあくまでもお試しなので、リンクをクリックしておく。

BoltCMS04

デーベースにダミーコンテンツが入力されたら、管理画面のメニューからSettings→Configurationに行くと、config.yamlの編集ができる。

BoltCMS05

例えば、5行目から7行目にデータベースの設定があるので、ここを以下のように書き換えると、データベースにMySQLに変更できる。

database:
  driver: mysql
  username: bolt
  password: password
  databasename: bolt

PostgreSQLであれば次のとおり。

database:
  driver: postgres
  username: bolt
  password: password
  databasename: bolt

さらに、11行目と12行目で、タイトルとキャッチフレーズの設定。16行目でテーマの変更ができる。

WordPressやDrupalと比較すると、少々原始的かもしれないが、開発者目線や管理者目線では、かえってこちらの方が直感的で分かりやすいかもしれない。

なお、これらの設定は、管理画面からではなく、app/config/config.yamlファイルを直接編集しても同じように行える。