Windows 7/8でMac用キーボードを使うときのIME設定

例えば、Boot CampによってMacにインストールされたWindwos 7やWindwos 8で、Mac用をキーボードを使うとき、半角/全角漢字キーがないことが不便だと思う。

そんなとき、コントロールキー + スペースバーなどにIME切り替えを割り当ててやると、利便性が一気に向上する。

Mac用キーボードにIME切り替えを割り当てる手順

Mac用キーボードのCtrl+SPACEにIME切り替えを割り当てる手順は、以下のとおり。

  1. 先ずは、タスクバー右下のIMEアイコン上で右クリックして、プロパティを選択。
    Windows8Upgrade011
  2. 最下段の「詳細設定」ボタンをクリック。
    Windows8Upgrade012
  3. 編集操作の「変更」ボタンをクリック。
    Windows8Upgrade013
  4. Ctrl+SPACE欄の入力/変換済み文字なし(-マークが入っている)をダブルクリック。
    Windows8Upgrade014
  5. 機能選択のなかからIME-オン/オフを選択してOKボタンを押す。
    Windows8Upgrade015

以上で、コントロールキー + スペースバーでIMEの切り替えができるようになる。

なお、Mac側で、コントロールキーとアップルコマンドキーを入れ替えておくと、MacとWindowsで(ついでにUbuntuも)IMEの切り替えのキー操作が共通になる。

Macでの入れ替え手順は、「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「修飾キー…」ボタンをクリックして、該当項目を変更するだけでOK。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク