iPhoneを卒業して、ガラケー回帰することを検討してみた

ドコモがiPhone5s/5cを扱うことになって、私の周囲も俄然盛り上がって来ている。これによって通信大手3社による激しい値引き合戦やサービス競争が起これば、iPhoneユーザーには嬉しい限りだろう。

ただ、これからは、町を歩けば猫も杓子もiPhoneという状況になって、何だか面白くない(そういう人は超少数派だと思うけど)という人もいるかもしれない。

そこで、ガラケー(いわゆるフィーチャーフォン) + タブレットの組み合わせとiPhoneとではどちらがお得なのか検証してみた。

月々の維持費を単純比較

4年間iPhone使って感じたのは、とにかく電池持ちが悪いということ。気がつくと、外出中は、メールのチェックと通話待受という状態で、ガラケー時代と何ら変わらないと思うことさえある。もちろん、この問題は、予備電源を持ち歩いて取り敢えずは解決したが、iPhoneを洋服のポケットに入れて、予備電源をバッグに入れて(一体型の予備電源もあるにはあるがかなり重い)持ち運ぶなら、ガラケーとタブレットの組み合わせでもいいじゃないかという発想もありかもしれない。

ということで、先ずは、auにMNPして京セラの新型ガラケーのGRATINAを契約して、LTE版Nexus 7 (2013)OCNモバイルONEのSIMパッケージ(通信料料30MB/日)の組み合わせで使う場合の月々の維持費を算出してみた。
GRATINA-Nexus7

ガラケープラン:

月々635円(GRATINA維持費)
        +
月々980円(OCNモバイルONE 30MB/日コース)
        +
一括払い5,250円(GRATINA機種代一部)
        +
一括払い39,800円(LTE版Nexus7代)
        +
一括払い3,150円(OCNモバイルONE初期費用)
        +
通話料(無料通話分1050円)
—————————————————————–
月々1,615円 + 通話料(無料通話分1050円)
一括払い48,200円
Continue Reading…

iPhoneがAndroidの成功を後押している理由

10月4日にauからシャープ製のAndroid搭載スマートフォンIS03が発表された。
ITmediaの記事によれば、IS03は、スマートフォンとして初めておサイフケータイ機能を搭載したほか、ワンセグ視聴機能を内臓し、ディスプレイ下部に、メインディスプレイがオフの状態でも時間やバッテリー残量を表示できる「メモリ液晶」を装備しているようだ。さらに、日本市場では必須ともいえるストラップ穴も装備しているとの情報もある。

auが打ち出した「1台持ちのスマートフォン」というコンセプトは、ある意味、日本人が長らく待ちわびていたものかもしれない。まだ、現物を触ってみないと何ともいえないが、デザイン性という点からいっても、iPhoneキラーになる可能性を秘めた製品になっているような予感がする。

勢いづいてきたAndroid陣営

auだけでなく、ソフトバンクも27日、HTC Desireの後継機HTC Desire HDを11月に投入すると発表した。HTC Desireを4月に投入して約半年で新製品ということになる。

さらに、ドコモからも今秋、サムスン製のAndroid搭載スマートフォンGalaxy Sが発表される予定になっている。HTC製のHT-03A、ソニーエリクソンのXperiaに続く、3機種目のAndroidということになる。

このように、ここに来て、キャリアも携帯メーカーも積極的にAndroidを搭載スマートフォンを日本市場に投入し始めた。

そもそもAndroidとは、スマートフォン向けのOSというべきもので、パソコンにおけるWindowsに該当する。ただ、Windowsとは違い、AndroidのカーネルやライブラリはLinuxがベースとなっており、無償で提供されるだけでなく、改変も自由なのだ。

今から考えてみると、Googleが打ち上げたAndroid構想は、誰から見ても非の打ち所の無い素晴らしい挑戦だったが、発表当初は、「スマートフォン向けのOSなんて本当に上手くいくのか」という声の方が多かったように思う。 Continue Reading…

Ubuntu 10.04からiPhoneにアクセスできなくなった件

このブログで以前書いた記事で、Ubuntu 10.04からiPhoneにアクセス可能と指摘していたのだが、昨日、USBケーブルでiPhoneを接続したら、以前のようにデスクトップにアイコンが現れなくなった。

これはてっきり、この機能そのものが削除されたに違いないと思って、ブログに投稿したのだが、今日になって、別のPCではUbuntu 10.04からiPhoneが認識できることが判明。

自宅に帰って、いろいろと原因を調べていたら、Ubuntu側からだけでなく、Windows上でもiPhoneが認識できないことが分かった。iTunesを再インストールしても治らなかったので、システム内のドライバを調べてみると、Apple Mobile Device Ethernetなるドライバーに!マークが付いていた。試しにこれを削除してみると、すんなりとiTunesがiPhoneを認識して同期作業を始めた。続いて、PCを再起動してUbuntuに切り替えてみると、デスクトップ上にiPhoneのアイコンが現れて、結果オーライ。

なお、前回の記事では書かなかったが、Ubuntu側でiPhoneを認識すると、F-SpotとRhythmboxミュージック・プレーヤーが自動的に立ち上がる。


上記のふたつのアプリを使うと、iPhoneとUbuntuの間で、音楽や写真の簡単なやり取りができる。iTunes並とはいかないが、Linuxファンにはうれしい機能に違いない。でも、そこまでしてLinuxからiPhoneにアクセスして何になるのと言われるそれまでだ。


iOS4へのアップグレードとUbuntu10.04

遅ればせながらiOS4にアップグレード。Ubuntuとデュアルブートで使っているノートパソコンのWindowsで、iPhoneが認識されないという問題に悩まされて、iOS4にアップグレードできない状況が続いていたが、本日、デスクトップ機にiTunesを再インストールして、何とかアップグレードに成功した。

ダウンロードに約15分、アップデート作業に約15分の計30分。初期画面はこんな感じになった。ある程度、動作が遅くなることは覚悟していたが、思ったよりもサクサクと動いている。問題はバッテリーの消費量だが、それはこれから検証したいと思っている。



すでに、iOS4にアップグレードしたという記事はあちこちにあるので、今更この投稿でiOS4の新機能をレポートしても、あまり価値はないが、iOS4へのバージョンアップがきっかけとなって、実に画期的な発見をした。 Continue Reading…

ガラパゴス携帯を制する者は日本のSNSを制する?

昨日の移動中の電車の中。老若男女が電車のなかで、携帯画面とにらめっこする姿を眺めながら感じたのは、「ガラパゴス携帯を制する者は日本のSNSを制する」ということ。世界の市場から見ると異常に高機能化して、ガラパゴス携帯と揶揄されている日本の携帯電話ですが、これだけ生活に密着して、何でもできるメディアは他にありません。

私も同じとき、iPhoneに入れっぱなしだったTwitBirdを利用してTwitterに投稿していました。iPhoneでの日本語入力はガラパゴス携帯と同じくらい苦手ですが、TwitBirdそのものはシンプルでとても便利です。

App Storeを通じてインストールしたら、Twitterのアカウントを登録。通常版は無料です。高機能版のTwitBird Proは、現在350円。でもみそ汁は付きません(?)


アカウントの登録が終われば、即スタート。テーマやフォントの大きさも変えられます。