Linux Mint 16 Xfceのインストールと日本語化

Linux Mint 16 “Petra” Xfceは、Ubuntu 13.10ベースのディストリビューションで、デスクトップ環境にはXfceが採用されている

Linux Mint 16シリーズには、Xfce以外にMATEやCinnamon、KDE版などがあるが、これらのなかでは、Xfce版が最軽量(かつてはLDXE版もあったが)ということで、今回はこちらを試してみた。

Linux Mint 16 Xfceのインストール

先ずはLinux Mintの公式サイトからLinux Mint 16 XfceのDVDイメージをダウンローして、これでインストール用のDVDを作成。続いて、このDVDでPCを立ち上げる。

LinuxMint16Xfce_Inst01

デスクトップ上にあるLinux Mint Installアイコンをダブルクリック。

LinuxMint16Xfce_Inst03
LinuxMint16Xfce_Inst04

最初は言語選択。ここで日本語を選択すれば、そこから先はすべて日本語の説明となる。次へボタンでインストールの準備のチェック画面に進む。

LinuxMint16Xfce_Inst05
LinuxMint16Xfce_Inst06

続く、インストールの種類で、「その他」を選択すると、インストール先やブートローダについて細かな設定ができる。設定が終わって、インストールボタンを押せば、タイムゾーンの設定へと進む。
Continue Reading…

NEC LaVieノートにXubuntu 13.10をインストール

事務所の片隅で働く、年代物のNECのノートPC LaVie L370/JD(Windows Vista搭載・その他のスペックはこちら)にXubuntu 13.10をインストールしてみた。

Xubuntu 13.10のインストール

インストール手順そのものは、Ubuntuの手順とまったく同じ。先ずは公式サイトからDVDイメージをダウンロードして、これをBrasero等でDVDに焼き付ける。このDVDで、ノートPCを立ち上げ、インストールを開始する。

Xubuntu13_10_Inst01

日本語を選択して、「続ける」ボタンをクリック。次のインストールの準備画面で、2つの項目に緑のチェックマークがついていれば準備完了。最下段の2つのチェックボックスについても、特別の事情がない限りチェックを入れておく。

Xubuntu13_10_Inst02
Xubuntu13_10_Inst03

次のページの「インストールの種類」では、今回は一番下の「それ以外」を選択。パーティションを指定してインストールする。
Continue Reading…

ようこそDebian GNU/Linux 7.0 Xfce時代へ

Debian GNU/Linux 7.0 Wheesyが予定どおり5月5日の子供の日にリリースされた。そこで、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

このノートPCには、Linux Mint Debian Xfceがインストールされていたので、Gpartedを使って、先ずは、Debian GNU/Linux 7.0をインストールするための領域を確保した。

次に、下記のBitTorrentを利用してCD又はDVDのisoイメージをダウンロードする。CDだと合計8枚、DVDだと合計3枚となっているが、インストールに必要なCD/DVDは最初の1枚のみ。

なお、DVDを選択した場合のデフォルトのデスクトップ環境は、GNOME3となる。CDを選択した場合、GNOME3の他、KDEやXfce、LXDEなど、デスクトップ環境毎にインストールCD(2枚目以下は共通)が用意されている。というわけで、debian-7.0.0-i386-xfce-CD-1.iso.torrentを選択して、Xfce用のインストールCDを作成する。

Xfce用のインストールCDができたら、これでPCを起動させる。インストール方法の選択肢が提示されるので、通常は、メニュー1番目のInstall(いわゆるテキストモード)か2番目のGraphical Installを選択。Graphical Installであれば、インストール手順のスクリーンショットが撮れると思ったが、残念ながらレガシーVAIOノートとの相性が悪く、インストールは失敗。

気を取り直して、もう一度CDから立ち上げ直し、メニューの先頭のInstall(いわゆるテキストモード)を選択して再挑戦したところ、問題なくインストールできた。

Debian7Xfce_Inst01
Continue Reading…

Linux Mint Debian Edition Xfce版でVAIOノートを再復活

今年の4月、「完成度を上げたLinux Mint Debian Edition 201204」というブログ記事を書いたときに使ったレガシーVAIOノートを半年ぶんりに立ち上げたところ、アップグレードしますかというメッセージが表示された。

素直にOKボタンを押してアップグレードを完了させたのだが、再起動後、何度やっても、ログイン画面が現れない。どうやら、Cinnamon/MATEデスクトップのシステム要件が厳しくなって、このVAIOノートのグラフィック性能ではX Window Systemを起動できないらしい。

まあ、半年以上放置していたのだから、実質的には現役引退しているも同然だが、せっかくLinux Mint Debian Editionで復活してここまで来たのだから、せめてあと3年(購入から10年目)ということで、Linux Mint Debian Edition Xfce版を試してみることにした。

Linux Mint Debian Edition Xfce版のインストール

先ずはLinux Mint公式サイトから32bit版のisoイメージをダウンロードする。これをDVDに焼き付け、このDVDでPCを立ち上げる。

通常はしばらく待っているだけで、自動的にLinux Mintのデスクトップ画面が現れる筈だが、途中で、ログイン画面が現れる。この場合は、Username欄にmintと入力、Password欄は空白のままにすれば、ログインできる。無事にログインできたら、デスクトップ画面上にあるインストールアイコンをダブルクリック。

LMDEXfceInst00
Continue Reading…

XfceやLXDEより軽いLinux Mint Debian Edition

以前書いた記事のなかで、Linux MInt 11とUbuntu11.04のメモリ消費量比較を行っているが、そのときの数値は、2GBメモリ中257.7MB(12.9%)だった。 では、Ubuntu11.10にアップグレード後はどうなっているのかということで、改めて計測してみたら、2GBメモリ中426.0MB(21.2%)という数字になった。UbuntuのUnityシェルがどんどんユーザーフレンドリーになって行く半面、メモリー消費量もどんどん増えていくという、ある意味当然の結果となった。 SystemMonitor_Ubuntu

Update Pack 3を施したLinux Mint Debian Editionの場合

前述の記事中にはLinux Mint Debian Edition(略称LMDE)についての数字も残っていた。同量のメモリーを搭載した別PCでの計測ではあったが、2GB中156.7MB使用という数字が残っている。 そこで、Update Pack 3を施した後の最新のLinux Mint Debian Editionについて、システムモニターで調べてみたら、次のような結果が出た。 Continue Reading…