concfgコマンドによるWindows PowerShellとWSLのテーマ変更方法

Windows10のバージョンを1903に上げたら、 Windows PowerShellのテーマがデフォルトの状態に戻っていた。

ということで、いつものようにconcfgコマンドを使って、テーマ(背景や文字色)を変更したのだが、せっかくなので、備忘録として、scoopのインストール からテーマの変更までをメモってみた。

先ずはScoopのインストールから

concfgをインストールするためには、以下のscoopが必要となる。
scoopとは、Windwos版パッケージマネージャのことで、Macで言えば、homebrew、Linuxでは、aptやyumに該当する。

scoopのインストールには、実行ポリシーの変更が必要になるので、 PowerShell上で、以下のコマンドを実行する。

PS > Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -scope CurrentUser 

続いて、scoopのインストール。

PS > iex (New-Object net.webclient).downloadstring('https://get.scoop.sh')

concfgのインストール

scoopのインストールが完了したら、 PowerShell上で、以下のコマンドを実行してconcfgをインストールする。

PS > scoop install concfg

concfgでテーマを変更

concfgでテーマを変更するには、次の書式でコマンドを実行する。

PS > concfg import 【テーマ名】

テーマ名は、GitHubで確認しておく。例えば、定番のsolarized-lightを選択するのであれば、コマンドは次のようになる。

PS > concfg import solarized-light

最初にconcfgの設定して上書きしてよいかという問いがあるので、こちらはYを選択。エラーがなければ、続いて、新しい設定でコンソールを開くかと問われるので、ここでYを選択すると、新しいテーマが設定されたPowerShellが立ち上がる。

なお、PowerShellのテーマを変更すると、WSL(Windows Subsystem for Linux)上のBashのテーマも同時に変更となる。

たぶんこれは、WSL上のBashがPowerShellのフロントエンドとして動いているためなので、 WSL2の時代になると、少し事情は違ってくるかもしれない。

WSLのインストールの仕方については、過去の投稿「Windows 10上のUbuntu 18.04にRuby on Railsをセットアップしてみた」をどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク