PHPフレームワーク Yii 2.0をさくらのVPSにセットアップしてみた

PHPフレームワークのYii 2.0が、今年の10月に正式にリリースされた。 日本では、多少マイナーな存在にも見えるが、世界的には、PHPフレームワークのベスト4争いに顔を出すほどの人気を誇っている。
後発のLaravelも、1年ほどまでは、Yiiと同じような状況にあったのだが、最近は日本でもその人気に火がついたような感がある。

ということで、Yiiもバージョン2.0のリリースをきっかけに、来年あたり人気急上昇となるのではという期待を込めて、さくらのVPS(OSはUbuntu14.04)上にYii 2.0のお試し環境を作ってみた。

Composerによるインストール

インストール方法には、従来型のYiiの公式サイトからzipファイルをダウンロードして、解凍したファイルをFTP経由でサーバーにアップロードするという従来の方法もあるが、Yii 2.0からは、Composerによるインストールができるようになった。 composerコマンドのインストール方法は次のとおり。

$ curl -s http://getcomposer.org/installer | php
$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer

続いて、下記のコマンドにより、Yii 2.0がインストールが始まる。The Definitive Guide to Yii 2.0の例に従い、Yiiプロジェクト名はbasicとなっているが、この名称は自由に変更できる。

$ composer global require "fxp/composer-asset-plugin:1.0.0-beta4"
$ composer create-project --prefer-dist --stability=dev yiisoft/yii2-app-basic basic

なお、GithubのPersonal access tokensをcomposerに登録していない人は。インストールを始める前に、次のコマンドを実行しておく必要がある。

$ composer config -g github-oauth.github.com <oauthtoken>

<oauthtoken>の部分には、GithubのPersonal access tokensが入る。Personal access tokensは、自分のGithubアカウントにログインし、左サイドバーのPersonal settings → Applicationsをクリック、最後にCreate new tokenボタンを押せば発行できる。この情報はcomposerの公式ドキュメンのトラブルシューティングのコーナーにあった。

$ composer global require "fxp/composer-asset-plugin:1.0.0-beta4"
$ composer create-project --prefer-dist --stability=dev yiisoft/yii2-app-basic basic

また、インストールの途中で足りないものがあると、作業は一旦中断される。私の場合は、Mcryptがない(というかセットアップ不十分)と注意されたので、次の要領で、インストールとセットアップを行った。

$ sudo aptitude install php5-mcrypt
$ sudo php5enmod mcrypt
$ sudo service apache2 reload

最後に、ブラウザからbasic/webにアクセスできるようにバーチャルホストの設定を行い、次ような画面が現れたら、インストールは成功。 Yii2-01 バーチャルホストの設定法は、過去記事「Debian/Ubuntuサーバーでバーチャルホストを設定する」などをご参照いただきたい。