WordPress 3.1ベータ1をUbuntuローカル環境に

WordPressの次期バージョン3.1のベータ1が公開されたので、Ubuntuローカル環境にインストールして、現在お試し中。

3.1からは次の12の新機能が追加されるようだ。

  1. 投稿フォーマット
  2. テーマ検索
  3. 内部リンク
  4. 管理バー
  5. Ajax 管理画面
  6. Tiny MCE バージョンの更新
  7. 複数タクソノミークエリ
  8. カスタム投稿タイプ一覧ページ
  9. 管理画面 CSS クリーンアップ
  10. ユーザー用パーソナル管理画面
  11. ネットワーク管理者用画面
  12. パスワード回復機能の見直し


このうち、インストールして一目で分かるのは、4番目の管理バーだろう。WordPress.comでおなじみの管理バーだが、ログインすると上記のように管理バーが現れるようになる。このバーを使うと記事やプロフィールの編集画面に直行できるようになるので、操作が劇的に楽になる。

なお、デフォルトテーマのTwenty Tenの外観に変更はないが、バージョンは1.3アルファとなっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク