OpenSolarisの後継OpenIndiana151aの実力

先日、自宅のレガシーVAIOノートがWindowsマシンとして現役引退(LinuxPCとして現役続行中)して、HDDに空きスペースができたので、今話題(かなり地味な話題だが)のOpenIndianaをインストールしてみた。

OpenIndianaとは、OracleのSun Microsystems買収に伴って終了した、OpenSolarisプロジェクトの後を引き継いだOSだ。Solarisとの互換性を保ちつつ、これまでバイナリでしか提供されていなかったカーネルやライブラリ類などを順次オープンソースされていくことを目標にしている。

今回お試ししたバージョン151aでは、カーネルがオープンソースのIllumosに置き換えられ、仮想化ソリューションとしてKVMが統合された。OpenIndianaプロジェクトの詳細については、日本語のプレスリリースを参照していただきたい。

超簡単なGUIインストール

先ずは、OpenIndianaのサイトで、isoイメージファイルをダウンロードする。サーバー用とデスクトップ用があるが、今回はデスクトップ用のisoイメージファイルにした。これをBresaroなどでDVDに焼き付ける。

LiveDVDが出来上がったら、PCを再起動して、このインストール用のLiveDVDから立ち上げる。途中でキーボード配列と言語を問われるので、どちらもJapaneseと(当然環境によって違ってくる)答えておく。番号でいうと23番と15番だ。

上記はLiveDVDで立ち上がった直後のOpenIndianaの様子。デスクトップ環境がGNOMEということもあって、バージョン一桁代の頃のUbuntuという感じの雰囲気だろうか。

デスクトップにある「OpenIndianaをインストールする」というショートカットをダブルクリックするとインストールが始まる。Gpartedのショートカットもデスクトップに用意されているが、私の環境では、うまくHDDを認識しない。OpenIndiana用のHDD領域は前もって作っておいた方がよいかもしれない。

OpenIndianaをインストールするディスク領域の選択からはじまり、タイムゾーンとロケールの設定をして、最後にユーザー設定となる。rootパスワードとログイン名、ユーザーパスワードなどを登録すればインストールが始まる。当然のことだが、rootやユーザーパスワードはしっかり覚えておく。

インストールが完了すると、再起動を促される。初期設定のために少々待たされた後、コンソール画面からログイン名とパスワードをされるので、先ほど登録したログイン名とユーザーパスワードでログインする。以上でインストールは完了。作業自体は、Ubuntuより簡単だった。

デスクトップOSとして最低限のものは揃っている

ログインした直後の印象としては、どことなく動作がまったりとしているという感じ。同じPCにUbuntu11.10も入っているが、こちらと比べてもレスポンスが悪い。まあ、これはグラフィックドライバーのチューニングの問題もあるかもしれないし、そもそもSolarisを祖先に持つクラウドプラットフォームOSを、引退寸前の非力な32bitノートPCでテストすること自体に無理があったのかもしれない。

それでも無線LANの設定も簡単だし、ブラウザのFirefoxやメールクライアントのThunderbirdも予めインストールされていて、デスクトップOSとして最低限のものは揃っている。パッケージマネジャーもカテゴリ別になっていて分かりやすい。足りないものがあれば、カテゴリを選んでインストールすればよい。

アプリケーション→オフィスを覗いてみたのだが、このカテゴリには、ワープロや表計算ソフトがまだ登録されていない。OpenOfficeにするか、LibreOfficeにするか迷っているのかもしれないなどと勘ぐってしまいそうだ。ちなみに、アプリケーション→グラフィック画像処理のカテゴリにはGIMPが登録されていた。

なお、デフォルトでは日本語入力ができないので、パッケージマネジャーでIMEをインストールする必要がある。アプリケーション→システム→国際化のカテゴリを見ると、iBusやSCIM、Anthyなどが登録されている。

一応、iBusとAnthyの組み合わせで、インストールしてPCを再起動したところ、日本語入力とは関係のない別の問題が発生した。

OpenIndianaのGRUBはLinuxに未対応だった

OpenIndianaのブートローダは、GRUBに独自の改良を加えて、zfsファイルシステムにも対応しているとのことだったが、Windowsは認識できているものの、2つのLinuxが認識されていない。

ちなみに、同じHDDにインストールしていたLinuxは、Linux Mint DebianとUbuntu11.10で、ファイルシステムはext4、kernelバージョンはどちらも3.0.0だった。

馴れないOpenIndiana側でGRUGの設定をいろいろと弄ってみたが、解決できない。そこで、Linux側のGRUGからOpenIndianaを認識させてやろうとしたのだが、これもうまく行かない。

Gpartedで確認してみると、Linux側からは、OpenIndianaの領域がext4ファイルシステムと認識されている。どうやら、パッチを当ててコンパイルしてやらないとGRUBでzfs領域を認識することはできないようだ。

Ubuntu側からGRUBを再インストール

というわけで話がどんどんややこしくなって収拾がつかなくなったので、OpenIndianaのお試しはここまで。zfs対応のGRUB作ってもいいが、失敗したら、HDDのデータがすべて消失する危険がある。やはり、もう少しパワーのあるPCにOpenIndianaをインストールしてテストするというのが正解なのかもしれない。

なお、Ubuntu側からGRUBを再インストールする手順は次のとおり。

  1. PCをUbuntuのLiveCDで立ち上げる
  2. 初期画面が表示されたらF6を押す
  3. 設定画面でさらにもう一度F6を押す
  4. 起動オプションの後の文字列からboot=casperという箇所を探す
  5. 見つかったら、boot=casperを例えばroot=/dev/sda6などに書き換える
    なお、/dev/sda6はUbuntuをインストールしているパーティション

以上の設定が終わり、エンターキーを押せば、HDDにインストールしたUbuntuが立ち上がる筈なので、端末から次のコマンドを打ち込めば、GRUBの再インストールは完了する。

$ sudo grub-install /dev/sda

SolarisのDNAが持つ実力

わずか数時間のお試しでは、何も結論めいたことは言えないが、発足から1年あまりでここまで来るとは思っていなかったので、開発チームの実力とモチベーションはかなり高いといえるだろう。

デスクトップOSとしては、少々荒削りな印象を受けたが、やはりクラウドプラットフォームOSとしてのポテンシャルを評価するのが正解かもしれない。

LinuxやFreeBSDに代表されるオープンソースOSが切り開いた市場にどこまで食い込めるかという問題はあるだろうが、AT&TとSunが共同開発したSVR4から生まれたSolarisのDNAを持つOSが、完全オープンソース化に向かっているということの意義はそれなりに大きい。

また、今後のOracle Solarisとの関係も気になるところで、Red HatとFeroraプロジェクトのような関係になるのか、CentOSやScience Linuxのような立ち位置になるのか、今後の動向には注目しておきたい。