Gnome3とMGSEで進化したLinux Mint 12

Ubuntuベースのディストリビューションとして、最近人気沸騰中のLinux Mintから、Ubuntu11.10ベースで、Linuxカーネル3.0のLinux Mint 12が登場した。

Linux Mintの最後の数字は、これまでUbuntuのバージョンを表していた。ところが、今回は、Ubuntu11.10ベースでありながら、12となっている。

これは、Gnome3とMGSE(Mint Gnome Shell Extensions)の採用によって、見た目と操作性が大きく進化したということのようだ。

これまで通りのインストール手順

外見は大きく変わったものの、インストール手順はこれまで通り。

先ずは、Linux Mintのサイトで自分の環ら境にあったDVD又はCDイメージをダウンロードして、これをBraseroなどでDVD又はCDに焼き付ける。

次に、PCを再起動して、DVD又はCDから立ち上げたら、デスクトップにInstall Linux Mintというアイコンが現れるので、これをダブルクリック。

日本語を選択して「続ける」ボタンをクリック。

インストールの準備が整ったら「続ける」ボタンをクリック。

自分の環境に合わせて選択。「それ以外」を選択すると詳細なパーティションができる。GRUBのインストール先も選択できる。

ロケーションの選択。日本人はみんな東京に住んでいることになっている。

キーボードレイアウトの選択。Macintoshもある。

アカウントの基本情報の登録。

インストール開始。レガシーPCならゆっくりコーヒーが飲める。

日本語環境は自分で整えよう

インストールが終わって、再起動すると、日本語入力ができないことに気づくだろう。Linux Mint 11までは、日本語を選択してインストールすれば、何もしなくて日本語入学ができていた。

どうもこれはインストーラーのバグの可能性が高いのだが、現在のLinuxの日本語環境構築は、昔と違って誰にでもできるレベルになっているので、取り合えす自分好みの日本語環境を整えてみよう。

日本語入力システムにAnthyを使うとした場合、インプットメソッド構築の組み合わせは次のとおり。それぞれのパッケージをapt-getコマンド又はSynapticパッケージマネジャーなどで、インストールするだけ。

iBusとAnthyの組み合わせは、Ubuntuでもお馴染みだが、Linux Mint 12の場合、日本語入力を選択したときに、Anthyのマークが表示されないという小さなバグがあるようだ。ただし、機能そのものには問題はない。

  • ibus
  • anthy
  • ibus-anthy

uimとAnthyの組み合わせは、Linux Mint Debianの記事でも紹介している。ただし、Linux Mint 12ではデフォルトテーマのツールバー背景色とマッチしないかもしれない。後は好みの問題。

  • uim
  • anthy
  • uim-anthy

SCIMとAnthyの組み合わせが、今のところ、最も無難かも。

  • scim
  • anthy
  • scim-anthy

思っていたほどメモリを消費しないLinux Mint 12

最後に、システムモニターによるメモリ消費量を確認したところ次のとおり。

以前、同じPCで計測したLinux Mint 11のメモリ消費量は、2GBメモリ中217.3MB(10.8%)だったが、今回のLinux Mint 12は2GBメモリ中165.0MB(8.2%)使用ということで、これはかなり優秀な成績。

Gnome3によるところの改善なのか、MGSEのチューニングの良さなのか、その当たりははっきりしないが、何れにしてもメモリ消費量が減少したことは朗報だ。UbuntuのUnityシェルとは対照的だ。

また、以前のMintの外観を愛するという人には、MATEというクラシックなデスクトップ環境も用意されている。

DVDでインストールした場合は、デフォルトでインストールされており、ログインの際に選択できるようになっている。CDでインストールした場合は、後からapt-getコマンドやSynapticパッケージマネジャなどで、mint-meta-mateパッケージをインストールすれば利用できる。