Cinnamon時代の到来を告げるLinux Mint 12

Ubuntu 11.10のデスクトップ環境がGNOME 2ベースからGNOME 3ベースに変わった。これに伴い、Ubuntu 11.10ベースのLinux Mint 12から、デスクトップ環境がGNOME 3ベースに移行した。MGSE(Mint GNOME Shell Extensions)の採用により、いくらかMintらしさも残されたが、タスクバーも上下に配置されていたり、最大の特色であったMintメニューにどことなくGNOME 3ライクなフレーバーが残るなど、古くからのMint Linuxファンには物足りないものを感じるかもしれない。

MGSEによる新しいUIに戸惑いを覚える人には、GNOME 2からのフォークしたMATE版も用意されたが、こちらはGNOME 2ベースということもあって、永遠に使いつづけられるのかどうかという不安がつきまとう。

こうした状況を打破するため、Mint Linuxは、GNOME 3からのフォークを決断し、Cinnamonをリリースした。1月のバージョン1.2から始まり、2月に1.3、3月に入って1.4と、この新しいデスクトップ環境は着実にバージョンアップを重ねている。

タスクバーも、従来の下段一本となり、Mintらしさが戻ってきた。バージョンアップを重ねるたびに、安定性も増しており、動作もきびきびとしたものに仕上がっている。今後はCinnamonが、Linux Mintのデファクトデスクトップ環境となることはほぼ間違いないだろう。

Linux Mint Debian EditionでもCinnamonが利用可能に

Update Pack3のまま凍結されていたLinux Mint Debian(LMDEのこと)だったが、Update Pack4の提供が近いというアナウンスが公式ブログからなされている。

Update Pack4では、いよいよCinnamonとMATEが提供される。Linux Mint DebianとCinnamonと組み合わせによって、どこまで軽くて先進性なデスクトップ環境に仕上がるのか、今からワクワクさせられる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク