Ubuntu 12.10で動かなくなった無線LANドライバーの再設定

Ubuntu 12.10から12.10にアップグレードしたが、最近になってどうも調子が悪い。まあ、これはUbuntuをアップグレードした直後にはよくあることなので、いつものようにデータのバックアップを取り、クリーンインストールしてみた。ところが、今度は、無線LANが動かなくなってしまった。

PCを再起動して、Windows8で立ち上げてみると、ネットワークアダプタは何の問題もなく動作していた。

BroadcomDriver

そこで、もう一度PCを再起動して、Ubuntuを立ち上げ、次のコマンドを実行。Broadcomのデバイス情報を検索する。

$ lspci | grep "Broadcom" 

Network controllerの欄に、Broadcom Corporation BCM4313とあったので、この情報をもとにググって次のページに行き着いた。

このページは、Ubuntu 12.04の質問コーナーでの回答だが、12.10でも何とかなりそうな感じ。

$ sudo apt-get purge bcmwl-kernel-source broadcom-sta-common broadcom-sta-source
$ sudo apt-get install b43-fwcutter firmware-b43-installer

なお、このページではここで、sudo echo b43 >> /etc/modulesを実行せよとなっているが、これだと、「bash: /etc/modules: 許可がありません」と言われてしまう。そこで、次のコマンドでスーパーユーザーになっておく。

$ sudo -i

又は次のコマンド。

$ sudo su -

上記のコマンドはダイレクトにsuコマンドを実行するのと同等。直接suコマンドを実行してもいいが、その場合は別途パスワードを設定しなければならないので、上記のやり方がお薦め。

パスワードを入力してスーパーユーザーになったら、最後に下記のコマンドを実行する。

$ echo b43 >> /etc/modules

これで、再起動後は、問題なく無線LANが使えるようになる筈だ。Broadcomの無線LANアダプタで同じような症状に悩まされている方はお試しあれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク