Mac miniでWindows8アップグレードを実行してみた

Boot Campを使ってMac miniにインストールしたWindows7をWindows8にアップグレードしてみた。
なお、Mac miniにWindows8をインストールするには、Mac OS X 10.8 Mountain Lion以上が必要となる。作業の入る前にバージョンを確かめ、必要ならアップグレードしておく。

MacOSXMountainLionVersion

アップグレードの準備

アップグレードを開始するまえに、以下の準備をしておく。

  1. 手元に、Windows8のディスクとライセンスキーがあることを確認する
  2. 万が一に備えてデータのバックアップを取っておく
  3. Windows8に対応した最新版のBoot Camp Support Softwareをダウンロードして、解凍したファイルをUSBなどに保存しておく

アップグレード開始

Windows8のディスクを挿入(DVDドライブが内臓されていなければ外付けから)すると、次のようなダイアログが表示される。

Windows8Upgrade001

「setup.exeの実行」をクリックするとインストールが始まる。
「今すぐインストール」をクリックすると更新プログラムをインストールするかどうか問われるので、特別な事情がない限りこれらをインストールする。

Windows8Upgrade002
Windows8Upgrade003

ライセンス条項に同意して、次に進んだら、アップグレードを選択。

Windows8Upgrade004
Windows8Upgrade005

ここから先も、通常のWindows8のアップグレード手順と何ら変わらないのだが、再起動される際に、オプションキーを長押して、現れた選択肢のなかからWindowsを選択しなければならないという点だけが違う。

プロダクトキーの変更

数回の再起動を経てデスクトップにたどりついたら、前もってUSBなどに保存しておいたBoot Camp Support Softwareをインストールする。

最後に、Windows8用のプロダクトキーを登録して、アップグレードは完了する。

Windowsキー + Qのショートカットで、アプリ検索画面が表示させる。ここで、Slui.exe 0x3と打ち込んで検索。

Windows8Upgrade011

Slui.exe 0x3を実行して、Windows8用のプロダクトキーを打ち込む。

Windows8Upgrade009

アップグレードして良かったこと

結局のところ、Mac miniのBoot Camp経由といっても、PC上でのWindows8アップグレードの手順とほとんど変わらなかった。アプリケーションもデータも問題なく移行できた。

Boot CampでMac OS XとWindows7を切り替え、外付けにUbuntuというトリプル環境で、Mac miniを使っていると、Windows7のまったりとした動きがひと際目立っていた。それが、Windows8にしてからというもの、アプリケーションがキビキビ動いて実に心地よく、Windowsで作業する時間が増えたような気がする。

Mac OS X 10.7 LionからMac OS X 10.8 Mountain Lionへのアップグレードに1700円ほどかかるが、Windows8を走らせるためのコストだと思えば安い買い物かもしれない。

【追 記】
Mac用キーボードCtrl+SPACEにIME切り替えを割り当てていたが、この設定はWindows8アップグレードでは引き継がれないので、再設定しなければなりません。具体的な手順は、「Windows7/8でMac用キーボードを使うときのIME設定」に記載しています。