Linux Mint Debian EditionにOracle JDK 8をインストールしてみた

Linux Mint Debian Edition 201403で、Play framework(JavaとScalaのためのMVCフレームワーク)を利用するために、Oracle JDK 8をセットアップしてみた。

Oracle JDK 8のダウンロードから設定まで

先ずは、Oracleの公式サイトに行って、自分の環境に合ったJDKのバージョンをダウンロードする。今回は、64bit版のLinux Mint Debian Editionへのインストールなので、jdk-8-linux-x64.tar.gzをダウンロードする。

Java8onLMDE01

例えば、ダウンロードしたファイルが/home/hoge/tmp内あるとして、これを解凍して、/usr/lib/jvmに移動するとしたら、次のようなコマンドとなる。

$ cd /home/hoge/tmp
$ sudo tar xvfz jdk-8-linux-x64.tar.gz -C /usr/lib/jvm

続いて、次の一連のコマンドを実行。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/lib/jvm/jdk1.8.0/bin/java 1065
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/lib/jvm/jdk1.8.0/bin/javac 1065
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/lib/jvm/jdk1.8.0/bin/jar 1065
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javaws javaws /usr/lib/jvm/jdk1.8.0/bin/javaws 1065


さらに、Javaのデフォルトバージョンを設定。

$ sudo update-alternatives --config java

下記の例では、2番のJava-7openjdkがデフォルトに設定されているので、これを3番のjdk-1.8.0に変更する。ターミナルから3と入力してエンターキーを押す。

Java8onLMDE06

最後に、java -versionコマンドを実行して、次のような実行結果になれば、設定が反映されということになる。

java version "1.8.0"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0-b132)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.0-b70, mixed mode)

Play frameworkの基本設定

Play frameworkの基本設定については、過去記事「Play Frameworkの最新版2.1.1で遊んでみた」を参照していただきたい。現時点のPlayの最新バージョンは2.2.2だが、設定手順そのものはまったく同じだ。

今回の場合だと、お気に入りのエディタで、.profileの最後に、次の2行を追加する。

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jdk-8-oracle-x64
export PATH=$PATH:/var/private/play-2.2.2

ここで、.profileを保存した後、次のコマンドを実行して、.profileの変更内容を反映させる。

$ source ~/.profile

以上で、Play framework最新版のセットアップの準備が整う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク