Ubuntu 18.04 LTSベースのKDE neon 5.16.0がいい感じに仕上がっている

KDE neonは、UbuntuのLTS版をベースとしたLinuxディストリビューションのひとつで、昨年の9月28日、Ubuntu 16.04 LTSベースからUbuntu 18.04 LTSベースに移行している。

今年6月11日に出た最新版では、KDE Plasmaのバージョンも、5.16.0となり、パフォーマンが一気に向上した感がある。

KDE neonのダウンロード

ということで、さっそく、KDE neonの公式ページからUser Editonのisoイメージをダウンロードして、インストール用のUSB又はDVDを作成してみよう。

インストール手順はUbuntuと同じ

インストール用USB又はDVDでPCを立ち上がったら、画面左上のInstall neon userアイコンをクリック。これでインストーラーが起動する。

最初の画面で日本語を選択(もちろんEnglishでもよい)して、「続ける」ボタンをクリック。ここから先は、UbuntuやLinux Mintとまったく同じ手順が続く。

キーボードレイアウトを選択して、次に進み、サードパーティ製のソフトを使うことの承諾するか否かをチェック。

KDE neonをインストールするパーティションがすでに作成済みの場合は、手動を選択し、パーティションを編集する。今回は、/dev/sdc3にKDE neon本体とGrub両方をインストールするものとした。

タイムゾーンの設定とユーザー情報の入力が終わると、インストールが始まる。

日本語環境は面倒な設定一切なし

インストールしたばかりのKDE neonを立ち上げてみる。面倒な設定は一切なしで、日本語環境が用意されている。昨年の秋、KDE neonがUbuntu 18.04 LTSベースに移行した当初は、日本語環境に設定ミスが目立ったが、今は、ほとんど完璧といってよい仕上がりになっている。

最新のKDE Plasmaを試したい人におすすめのディストロ

次に、画面左したのスタートボタンをクリックしてみよう。すると、ここで、アプリケーションがほとんど何も入っていないことに気づくと思う。

そう。実は、KDE neonには、必要最小限のアプリケーションしか用意されていない。私個人としては、自分に必要なアプリケーションだけをこつこつ入れていくというのは、とても楽しい体験だと思うのだが、人によっては、ここは評価が別れるところだろう。

そもそも、RiddellをはじめとするKDE neonの開発メンバーは「neonはディストリビューションというよりはUbuntuのKDEパッケージだ」と主張しているので、普通のディストロとは微妙にスタンスが違うということを理解しておかなければならないかもしれない。

とはいうものの、最新のKDEを試したいと思うユーサーには、KDE neonは一押しのディストロであることは間違いない。特に、今回のバージョン5.16は、試してみる価値は十分にあると思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク