Concrete5はポストWordPressの有力候補なのか

今月初めに、「博多TECH塾」のConcrete5勉強会に参加させてもらったので、復習を兼ねてConcrete5のインストールや初期設定などをまとめてみた。

インストールを始める前に

先ずは、Concrete5をインストールするローカル観葉やレンタルサーバーを準備しておく。ローカル環境であれば、予めMAMPXAMPPなどをセットアップする。Concrete5用のデータベースを用意することも必要。

続いて、Concrete5の公式日本語サイトから、最新版 のzipファイルをダウンロードし、これを解凍。FTPクライアントなどを使って解凍したフォルダをドキュメントルートにアップロードする。

ここで、ブラウザからアップロードしたファイルにアクセスすれば、インストール開始となる。

Concrete5Inst01

なお、さくらのレンタルサーバー(スタンダード)の場合は、php.iniファイルに、次のような記述をしておく必要がある。

cgi.fix_pathinfo=1
default_charaset = UTF8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output =  UTF-8
iconv.input_encoding = UTF-8
iconv.internal_encoding = UTF-8
iconv.output_encoding = UTF-8
date.timezone = "Asia/Tokyo"

さくらのコントロールパネルにログインして、左サイトバーにある項目「PHP設定の編集」をクリックすると、php.iniファイル編集ツールの画面に切り替わる。

Concrete5Inst_Sakura

先ほどの記述をコピペして、最後に「保存する」ボタンをクリックすれば書き込み作業は完了。
Continue Reading…

WordPressのサーバー引越しが楽になった理由

久しぶりに、WordPressのサーバー引越しをしたら、あまりに簡単になっていたので、その手順をまとめてみた。以下、ドメイン名hogehoge.jpで運用しているサーバーAをサーバーBに引っ越させるという設定で話を進めている。

移転先サーバーBの設定からWordPressのセットアップまで

移転先のサーバーBで、次のような手順で作業を進める。

  1. サーバーAで運用中のドメインhogehoge.jpを、サーバーBにセット
  2. サーバーBにドメインhogehoge.jpのサブドメイン(例えばtest.hogehoge.jpなど)を設定
    サブドメインでhogehoge.jpと同じウェブルートを参照できるようにする
  3. DNS設定で、test.hogehoge.jpにサーバーBのIPアドスをセット
  4. DNS設定が反映されたらFTPクライアントで、上記のウェブルートにWordPressファイルを転送
  5. ブラウザからtest.hogehoge.jpへアクセス

    WordPress352_Inst01
    こんな画面が表示されたら取り敢えず成功。

Continue Reading…

twentytwelveとMobile Detectorによるスマホ対策

WordPressのバージョン3.5もいよいよ正式リリース間近(12月12日に日本語版がリリースされた)。今回のバージョンの目玉のひとつは、標準テーマのTwenty Twelveだが、実は、WordPressの正式リリースを待たずして、Twenty Twelveを先行ダウンロードできる。

Twenty Twelveでは、PCやスマホなどのデバイスに応答して、表示を最適化するレスポンシブデザインが採用されており、このテーマをカスタマイズすれば、誰でも簡単にスマホ対応のテーマを作ることができるのだ。

左のスクリーンショットは、このサイトのテーマをTwenty Twelveに変更して、iPhone4S上で表示したもの。

ご覧のとおり、シンプルで機能的なテーマなので、スマホやタブレットのことだけを考えるなら、このまま利用しても問題はない。

ただし、これをPC用のテーマとしも使うとなると、少々話が違ってくる。ヘッダーにロゴを入れたり、ナビメニューの位置を変えたり、何かとPC用にカスタマイズしたくなる。カスタマイズの程度にもよるが、場合によっては、スマホやタブレットでの表示が崩れることだってある筈だ。

また、PCで非レスポンシブデザインテーマを使っていて、これがとても気に入っている場合、レスポンシブ化のためだけに、Twenty Twelveをベースにテーマを書き換えるのかどうかという問題も起こるかもしれない。

そんなときお薦めしたいのが、Twenty TwelveとMobile Detectorというプラグインの組み合わせによるスマホ対策だ。
Continue Reading…

WordPress3.3もサクサク動くスターサーバープラス

スタードメインでドメイン管理を申し込むと1ドメイン毎におまけのサーバーがサーバーが付いてくる。これが、以前の記事でも取り上げたスターサーバープラスだ。

StarServerPlusTop

前回WordPress3.2.1をインストールした時点では、まだベータ版だったが、11月4日をもって正式版となっている。この間、WordPress3.2.1は問題もなく動作し続けていて、レスポンスもまずまず。これがおまけのサーバーとはとても思えない。
Continue Reading…

スターサーバープラスでWordPressをお試し

激安ドメインのスタードメインが、スターサーバープラス(ベータ版)という新しい無料の付加サービスを開始した。

スタードメインでは、ドメインを新規取得又は移管すると、ドメイン毎にメール転送やサイト転送、GoogleApps簡単設定、10GBのウェブスペースといった無料の付加サービスが提供される。これらの付加サービスの総称がスターサーバーだが、今回のスターサーバープラス(ベータ版)では、ウェブスペースこそ3GBに減るものの、その他のサービスはそのままで、新たにPHP5.3.3(一部制限あり)とMySQLアカウント1個が利用できるようになる。

スターサーバープラス(ベータ版)を利用するためには、切り替え手続きが必要で、すでにスタードメインでドメインを管理している人は、自分のアカウントにログインした後、次のような手順で切り替えができる。

切り替えが終わるとサーバー管理ツール内にデータベース設定とphp.ini設定が加わる。なお、一度切り替えを行うと、30日間は設定の切り替えが行えないので注意が必要。また、切り替え時にDNS設定以外のサーバー上のデータは初期化されるので、切り替え前にバックアップを取っておくこと。



WordPressのお試しインストール


スターサーバープラス(ベータ版)上では、すでにWordPressとXoopsCubeの動作が確認されているようだが、まだ、ベータ版ということもあって、「全ての機能の動作が保証されているわけではありません」という注意書きもある。

そこで、実際にWordPress3.2.1(3.4.2でも問題なし)をインストールしてテストしてみた。

先ずは、サーバー管理ツールのFTPアカウント設定で、パスワード設定(初回利用時のみ)を行う。ドメイン名の横の[編集]リンクをクリックするとパスワードが設定できる。

次にファイルマネージャー又はFTPクライアントを通じて、最新版のWordPressをアップロードする。この間に、データベース設定で、MySQLのアカウントを発行して、ユーザーを追加やパスワード設定などを行っておく。

WordPressのアップロードが完了したら、DNS設定でスターサーバープラスのIPアドレスをドメイン名(又はサブドメイン名)に仕向け、ブラウザからWordPressのファイルにアクセスすれば、いつものようにWordPressのインストール作業が始まる。前もって発行しておいたデータベース名やユーザー名などを入力すれば、インストールは問題なく完了する。

あくまでもベータ版上に構築したお試しサイトということで、絶対に問題がないとは言いきれないが、今のところ、特に気になる問題は発生していない。

ちなみに、今回のお試しインストールでテストしたWordPressのプラグインは下記のとおり。

  • Contact Form 7
  • Ktai Style
  • Lightbox 2
  • WordPress Importer
  • WPtouch

スターサーバープラスでは、PHPに一部制限があるので、将来的には使えないプラグインが出てくる可能性は否定できないが、WordPressの場合、代替プラグインが見つかる可能性も高いので、WordPress本体さえ問題なく動作していれば、何とかなるような気がする。

今のところレスポンスもまずまずで、これが、PHPに一部制限によるものだとすれば、この程度の制限はむしろ歓迎すべきものかもしれない。

なお、PHPの一部制限は次のとおり。

ベータ版から正式版になったらたぶん激安No.1

今回はあくまでもベータ版上に構築したWordPressのお試しサイトなので、本格的な運用に耐え得るかどうかは未知数だ。 すでに正式サービスになっていて、普通のサイトなら問題ないレベルだ。

ただ、この仕様に近いものが正式版として出るなら、個人のブログや小規模のコーポレートサイトなら十分に耐えられるような気がする。そうなると、Star Server Plusは、WordPressをインストールできる最安値サーバーということになるだろう。

現在、WordPressをインストールできる最安値サーバーはServerQueenだが、こちらは年額費用が1440円、MySQLが使えない(つまりWordPressが使えない)ロリポップのコロリポプランでも年額費用は1260円で、独自ドメインを利用する場合は、別途管理料が必要になる。これに対してスターサーバープラスの場合、年間850円~920円程度の.comドメインや.netドメインの管理料を支払えば、WordPressを無料で運用できるというわけだから、正式版が登場すれば、激安No.1と言い切っていいかもしれない。

また、スタードメインを運営するネットオウルでは、ミニバードファイアーバードといった本格的なレンタルサーバーも提供されているので、取り敢えずスターサーバープラスで始めておけば、本格的なレンタルサーバーへの移行もスムーズに行えそうだ。

【追 記】
2013年9月30日で、無料サーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付は終了しました。

WordPressのテーマにおけるhome.phpとfront-page.phpの違い

TwentyTenの子テーマをTwentyElevenベースに書き換えているとき、ふと疑問に思ったことがあったので、取り敢えずメモしてみた。

home.phpとfront-page.phpとの違い

現在、WordPressのトップページに表示したいページは、管理画面の設定項目の表示設定からも選択できるようになっているが、一般サイトを構築するCMSとして利用する場合、トップページに独自のレイアウトを施したいと思うことも多い筈。

そういうときは、テーマフォルダにhome.phpというファイルを作成して、そこに固定ページや投稿ページとは違うレイアウトを施すことになるのだが、バージョン3.0以降から、home.phpの代わりにfront-page.phpを利用することもできるようになっている。

両者の違いは、front-page.phpが、管理者画面の表示設定で特定の固定ページがフロントページとして選択されている場合でも、まったく影響を受けないのに対して、home.phpの場合は、フロントページの表示で選択されているページが優先的に表示される。

なお、テーマ内にhome.phpとfront-page.phpの両方がある場合は、front-page.phpの内容が優先的に表示されるようになっていた。

たぶん、これはほとんど常識なのだろうし、結論から言えば、好きな方を使えばよいのだが、取り敢えず疑問が解決したので、個人的にはすっきりした。

無料版のWPMLを利用したサイト多言語化

WordPressを多言語化するプラグインWPMLの最新バージョンが有償化していた。旧バージョンの2.0.4.1まではこれまで通り無料で使えるようだが、最新バージョンに、無料版はない。

CMS版が79ドル、ブログ版が29ドルとなっている。個人的な感想としては、個人のブログを多言語化するのに29ドルかかるというのは、何だか高いような気もするが、企業サイトを多言語化する費用が79ドルで済むといわれると、こちらは逆に安く感じてしまう。

企業・団体のサイトの場合は、責任の所在はがっきりしていた方が喜ばれる傾向が強いので、79ドルに1年間のサポートとアップグレード保証が含まれているとなれば、高い買い物ではないかもしれない。

とはいえ、せっかくオープンソースのWordPressを使っているのだから、できれば無料で済ませたい思う人も多い筈。

そこで、以下、旧バージョンのWPMLで使ったサイトの多言語化について情報を集めてみた。

旧バージョン(無料版)のWPMLのインストール方法

無料版のWPMLのインストール方法は次のサイトが詳しい。

なお、無料版の場合、リンク表示ウィジェットなど、WPMLに対応していないものもあるが、こうした箇所は、テキスト・ウィジェットなどで代替すれば何とかなる

無料版WPMLで多言語化できない箇所への対応

リンク表示ウィジェット以外にも、無料版WPMLでは対応していない箇所があるので、そこは、手作業で、多言語化しなければならない。

言語によるHeader画像などを切り替えなどは、次のサイトが参考になった。

無料版のWPMLが対応していない部分を多言語化(この場合は日英二ヶ国語化)するときのポイントは、次のとおり。

1. ルートディレクトリにあるwp-config.phpから次の行を探す。

define ('WPLANG', 'ja');

2. 上記の行を次のとおり書き換える。

// 言語判定(ブラウザの言語設定とGETの両方を確認)
if (preg_match('/^ja/i', $_SERVER['HTTP_ACCEPT_LANGUAGE'])) {
     $locale = "ja";
     define ('WPLANG', 'ja');
     if(htmlspecialchars(@$_GET["lang"] == "en")) {
          $locale = "en_US";
          define ('WPLANG', 'en_US');
     }
} else {
     $locale = "en_US";
     define ('WPLANG', 'en_US');
     if(htmlspecialchars(@$_GET['lang'] == "ja")) {
          $locale = "ja";
          define ('WPLANG', 'ja');
     }
}

3. header.phpやhome.phpなどで言語による切り替えを行いたい部分に、次のような条件分岐を記入する。

<?php if ($locale == "ja"): ?>
     /* 日本語モードの時表示したい記事やヘッダー画像などをここに入れる */
<?php else: ?>
     /* 英語モードの時表示したい記事やヘッダー画像などをここに入れる */
<?php endif; ?>

なお、トップページに独自のレイアウトで表示させたい場合、例えばhome.php(バージョン3.0以降ならfront-page.phpでもよい)を利用しているとしたら、get_template_part関数を応用して次のように書いておくと分かりやすいかもしれない。

<?php get_header(); ?>
<div id="container">
  <div id="content" role="main">
    <?php if ($locale == "ja"): ?>
      <?php get_template_part('home', 'jp'); ?>
    <?php else: ?>
      <?php get_template_part('home', 'en'); ?>
    <?php endif; ?>
  </div>
</div>
<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

あとは、home.phpと同じ階層にhome-jp.phpとhome-en.phpを作り、前者に日本語の内容、後者に英語の内容を記述すれば、2ヶ国語対応となる。対応言語が増えてくると、役に立つかもしれない。

今のところWordPressのバージョン3.2.1でも問題なし

以上で、無料版のWPMLによるサイトの多言語化の簡単なまとめだが、この方法で多言語化したテストサイトのWordPressのバージョンを3.2.1に上げてみたが、今ところ問題なく動作している。

ただ、この無料版WPMLは、今後のバージョンアップは行われないようなので、WordPressのどのバージョンまで対応するかは未知数。

もちろん、簡単なサイトならWPMLなどのプラグインを頼らない多言語化もありだろうが、プラグインを含めた多言語化まで考えるなら、有料版を購入した方が安くつくかもしれない。

進化を続けるWordPress3.2と新テーマtwentyeleven

Linuxローカル環境にWordPress3.2のRC1をインストールしてみた。Linuxローカル環境の構築については先週このブログに投稿している。

RC1は英語版なので、メッセージはすべて英語だが、インストール手順はこれまで通り。WordPressをインストールした経験のある人なら問題はないだろう。

WordPressをインストールしたフォルダにブラウザからアクセスすると、wp-config.phpを作るようにと促されるので、いつものように素直に従う。

最初はデータベースの設定。予めデータベース作っておくようにと指示されるので、phpMyAdminなどで作成しておく。

WordPress3_2_RC1_install02-1

データベースの設定に必要な項目を入力して、先に進む。
Continue Reading…

WordPress3.1日本語版が正式リリース

WordPress3.1の日本語版が正式リリースされ、このサイトも3.1にアップグレード。外見上は特に大きな変化はないが、操作性は大幅に向上している。

特に今回の新機能の目玉のひとつである管理バーは、個人的に首を長くして待っていた機能だ。この機能そのものは、ブログサービスのWordPress.comでお馴染みのものだったが、自分のサイト運営で使ってみると、もう後戻りできないほど便利な機能に仕上がっている。

一度ログインしてしまえば、管理バーからダッシュボードや編集中の投稿にダイレクトにアクセスできるほか、ウィジットやメニューの編集、新規の投稿や固定ページの作成などができる。
Continue Reading…

WordPress3.1のtwentytenのバージョンが1.1から1.2へ

先週、WordPress3.1が正式リリースされた。まだ、英語版のみということで、先ずはUbuntuローカル環境にWordPressをバージョンアップしてみた。当然、ダッシュボードも英語になるかと思いきや、何故か日本語のままだ。


すべての環境でこうなるとは限らないので、運用中のサイトの場合は、日本語版の正式リリースを待ってアップグレードすべきだろう。

とはいえ、無事にWordPress3.1にアップグレードできたということで、先ずはWordPress3.1の標準テーマtwentytenから検証してみた。 Continue Reading…