さくらのVPSでCentOS 6をインストールしてみた【Webサーバー構築編】

前回の「さくらのVPSでCentOS 6をインストールしてみた(初期設定編)」に続く、Webサーバー構築編です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apacheのインストール

Ubuntu/Debian系では、apache2ですが、CentOSではhttpdのインストールとなります。

sudo yum -y install httpd
 

インストールが完了したら、次のコマンドでhttpdをスタートさせます。

sudo service httpd start
 

ここで、確認のため、さくらのVPSのIPアドレスにアクセスしてみます。次のような画面が出たら、Apache2は正常に動作していることが確認できます。

Apach-on-CenOS6-01

最後に、次のコマンドで、再起動時に自動でhttpdが立ち上がるように設定しておきます。

sudo chkconfig httpd on
 

バーチャルホストの設定

Debian/Ubuntu系でのバーチャルホストの設定(詳細は過去記事「Debian/Ubuntuサーバーでバーチャルホストを設定する」にて)は、/etc/apache2/site-available内に設定ファイルをホストごとに作り、これをa2ensiteコマンドにより有効化(無効化はa2dissiteコマンド)します。

これに対してCentOSでは、ホスティングに関するすべての設定を、/etc/httpd/conf/httpd.confに記述します。

先ずは、バーチャルホスト機能を有効にするために、httpd.confファイルの990行あたりにある、次の一行をコメントアウトします。

NameVirtualHost *:80

次に、httpd.confファイルの最終行に、ホスティングしたいホスト数だけ、ブロック単位で記述していきます。


<VirtualHost *:80>
    ServerName demo.hoge.jp
    DocumentRoot /var/www/html/hoge
    ErrorLog /var/log/httpd/user_name-error_log
    CustomLog /var/log/httpd/user_name-access_log combined env=!nolog
</VirtualHost>

書き込みが終わったら、下記のコマンドで変更を反映させます。

sudo service httpd reload

以上で、静的ページの表示ができるようになりました。
次に、動的ページを表示する(例えばWordPress)ため、PHPやMySQLをインストールしておきます。

PHPとMySQLのインストール

先ずは、PHPのインストールから。

sudo yum -y install php php-devel php-mbstring php-mysql php-gd
 

続いて、MySQLのインストール。

sudo yum -y install mysql-server
 

上記コマンドで PHP5.3.3とMySQL5.1がインストールされます。それぞれ、最新バージョンではありませんが、WordPressの動作要件は満たしています。

タイトルとURLをコピーしました